これってワキガ?嫌な汗の種類と原因とは?

一体どこから硫黄のようなニオイが出てくるの?ニオイの発生原因と種類とは?

 

アロマセラピスト
大島鶴枝です。

 

前回からストレスを感じる際に
発生するストレス臭に対して
お伝えしています。

 

ストレス臭は硫黄のような特有の
匂いを発生させますが

 

通常、ニオイにばかり気を取られ
原因であるストレスに対する対策を
無視しています。

 

ですが、ストレスは様々な病気を産むため

ストレス臭に対する
対策よりストレスに対する対策をとらない
いけない

 

見逃しがちな原因に対する
緩和を行うことでニオイを発生させなければ
根本的な解決になりますよね?

 

 

女性は男性よりも嗅覚が優れて
いますから

 

ストレス臭を発生させる男性が
多ければ多いほど、女性の不快感
は消えません。

 

そして、一緒に過ごすパートナー
のストレス臭が嫌だからと

 

一緒に過ごさないわけには
いきません。

 

できれば、毎日のストレスを
緩和でき、香りでも人に好感を
持ってもらえる人を増やしたいですよね?

 

それが目指せるのが
アロマフレグランスの魅力かと思います。

 

そこでまずはストレス臭の
発生はどこからきているのか
を学んでいきたいと思います。

 

まず汗にはエクリン汗腺
アポクリン汗腺2種類があります。

 

エクリン汗腺は私たち人間の
ほぼ皮膚表面全体に存在します。

皮膚の温度調節行うために
汗をだし、冷やすのが目的です。

 

実は、このエクリン汗腺は
98%が水なので、ほぼにおいが
しない汗と言われています。

 

反対にアポクリン汗腺は
別名:フェロモン汗と呼ばれています

 

ワキや生殖器などから分泌され
ニオイの差が個人的にあるのが
特徴です。

 

一般的にワキガと呼ばれる人の
ニオイの原因はこのアポクリン汗腺
からの汗が原因です。

 

乳白色でベタッとした汗なのが
特徴で、ワキガの人はこのアポクリン汗腺
が多く存在しているのが特徴です。

 

ストレス臭は手に汗をかく場合は
エクリン汗腺から出ていますが

 

同時にワキからも分泌されている
場合は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺
両方から分泌されます。

 

精神性発汗と呼ばれるものは
通常ならニオイを発生する汗
ではないのに、

 

ストレスによって特有の硫黄化合物系
ニオイを発生させていると考えられますから

 

ワキガとはあまり関係ありません。

 

ワキガでなければ、アロマでの
対策は良いと考えられます。

 

その理由は、アロマのメンタル的な
作用です。

 

緊張や過度なストレスの原因を
理解し、それに対応する精油を
ブレンドすることによって

 

精神性発汗によるストレス臭は
充分、緩和できると思っています。

 

では、緊張や過度なストレスに
対応するアロマとは一体
どんな精油なのでしょうか。

 

次回は
「ストレスが起きると人間はどんな状態に陥るのか」
をお伝えしていきますね!

 

お楽しみに!

 

[adrotate banner=”7″]

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる