飲む水素に効果がない理由とは?

水素水はなぜ健康にいいの?

水素がなぜ体に良いの?アロマテラピーから見る水素の役割とは?

 

アロマセラピスト大島鶴枝です。
今回のテーマは
水素ってなぜ体に良いの?
をテーマに、アロマテラピーの精油の化学
を用いて解説していこうと思います。

 

アロマセラピストになった時周りの人から
「アロマは難しいから無理」と口々に
言われた最大の理由はこの精油の化学
かと思います。

 

確かに精油の化学はもっとも難しい部分で
私も何度も何度も学び直しながら理解して
いった経験があるため、アロマテラピーの
最大難関とも言えると思いますが

 

ただ、この精油の化学無くしてアロマテラピー
の魅力は語れないという部分も正直にあります。

 

そこで今回は水素をテーマ
水素がなぜ私たち人間の体内で良い働き
をするのかをアロマテラピーを交えて
お伝えしたいと思います。

 

まず水素が私たち人間にとって
活性する活性水素であるかどうか
がとても重要になります。

 

人間は
酸素61%
炭素23%
水素10%
3つで構成されています。

 

この3つ、パーセンテージだけで
いうと酸素の割合が61%ですから

もっとも割合は多くなるのですが水素・炭素・酸素の電子配列

水素はこの3つの中でもっとも原子が小さく
炭素酸素と結合し水素分子として
体の中の細胞の活性化や血流の促進
などに役立っています。

 

ただ、水素は原子が小さいだけではなく
酸素、炭素よりも軽いため、
空気に触れるとあまり意味がありません。

 

そのため、水素をとる場合は
・密封した水素水でなければいけない
・水素サプリなどでとらなければいけない
と言われています。

 

そこでたくさんのアルミパウチ入りの
水素水が販売されていますが、この水素水
を飲んで健康促進になるかというと

 

水になっている水素は酸素と
結合している状態なので水素分子です。

 

水素が体内で活性酸素を除去し
健康へと導くためにはしっかり腸へと
いき、腸内バランスを整えることを
しなければいけません。

 

その際に
水素分子では腸へと届かないのです。

 

では、水素がしっかり腸へと届き
活性酸素を除去する活性水素の役割を
する水素とは一体なんなのでしょうか。

 

それが水素原子

水素は水素原子サプリを飲まないと意味がないんですね。

 

私も水素原子サプリを飲んでいましたが
1ヶ月8千円くらいします。

 

なので、やめました 笑

というより、一時的に水素サプリを飲んでも
継続しなければ意味がありません。

 

継続できないのならなんとか継続できる方法で
水素の良い影響を体にもたらすことは
できないだろうか。

 

それがアロマテラピー
精油です。

 

アロマテラピーの芳香成分は
炭素と水素で構成されています。

 

水素だけをアロマの香りではとりこむ
ことはできませんが、

 

植物はさまざまな芳香成分を
太陽の光・空気中の二酸化炭素・根から吸収した水
を使用し酸素を吐き出すことをしながら
体内にエッセンスを溜め込んでいます。

このエッセンスは抽出すると精油になる
植物の芳香成分の塊の油です。

 

実は、植物は自ら作り出したこの貴重な芳香成分を
自分のために使いません。

 

光合成を生きるためにしている
中で勝手に作り出す必要のないもの

それを精油として人間が抽出しその貴重な
エッセンスは炭素と水素で構成され

 

さまざまな効果効能を持った香り
として嗅ぐだけで健康へと導く
貴重なエッセンスとなるのです。

 

私たち人間が香りを嗅ぐと
血液がサラサラになったり、むくみが緩和されたり
副交感神経を優位にしリラックスできたり
血管をダイレクトに広げる作用があるものなど

 

さまざまな効果効能を持っています。

 

水素サプリを飲まなくても
水素にこだわらなくても
植物のいい香りを嗅ぐことは
人の血液の流れを促し体を温め
代謝を高めるなど

 

水素と同じような働きをするのです。

 

精油の化学を見ると、水素、炭素、酸素
からさまざまな芳香成分が生まれ
その芳香成分の香りの特徴や効果効能
それら1本の精油だけでもとっても優れているのに

 

何十本も調香することで香りのハーモニー
を奏でる香水は、たった1本の香りを嗅ぐことより
もこの貴重な芳香成分の使い方を活用している
ようにそう思います。

 

そんな植物と人の共通点を導き出し
アロマと人の性格を照らし合わせて診断する
アロマ心理学。

 

アロマテラピーの素晴らしさを人に当てはめて
診断するため、占いや性格診断とは違う
自分自身の魅力に気づくことができる
カウンセリング方法ですよ。

 

ぜひ、ダウンロードしてくださいね!

[adrotate banner=”7″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる