★現代の日本はアロマテラピーとアロマコロジーどちらが求められている?

「アロマコロジー」ってご存知ですか?

 

先日から有名ブランドCHANEL
を立ち上げたココシャネルを
例に、香水の歴史を紐解く
フレグランス・ヒストリーを
解説しています

83B0ocQ_.jpeg

バックナンバー:aroma1211
【新シリーズ】有名ブランド香水から時代の流れと求められる香りを紐解くフレグランス・ヒストリー公開です。
https://www.agentmail.jp/archive/mail/540/1480/207721/

★99%の人が勘違いしている!?天然香料と合成香料の違いとは?
https://www.agentmail.jp/archive/mail/540/1480/207945/

 

*現代の日本はアロマテラピーとアロマコロジーどちらが求められている?*

 

これから配信する大島の
ブログは、アロマコロジー
での内容に特定されると
思いますので、

 

アロマセラピー(英国式アロマ)
のリラクゼーション目的での
活動での内容をお求めでしたら

 

ご期待に添えない可能性があります。

 

とはいえ、日本でのアロマの
王道は、リラクゼーションでの
活用。

 

アロマコロジーなんて言葉は
聞いたことがないかもしれません。

 

では、私大島が重きを置いている
アロマコロジーとは
一体なんなのでしょうか。

 

アロマコロジーとは
芳香を意味するアロマ(aroma)と、
心理学のサイコロジー(psychology)
組み合わせた造語のことを言います。

 

つまり日本語でいえば
芳香心理学ということに
なりますね。

 

このアロマコロジーは
主に、芳香での心理的な作用を
目的とした療法を指し

 

トリートメントなどの体への
作用を目的としたアロマとは
異なります。

 

先日、天然香料と合成香料
違いをお伝えしました。

 

天然香料=現初的な香り
は紀元前3000年前
クレオパトラが愛用していた
バラやキフィやムスク
などの香りから

 

アルコールと出会い、香水となり
19世紀初めまで王道とされてきました。

 

そこから天然香料のみでのフレグランス
作成は19世紀のCHANEL NO.5
の爆発的な大ヒットで

 

一気に調合香料の発展へと
繋がっていき、現在に至ります。

 

安定供給という言葉は
商用的な目的で香りの発展を
考えるなら、

 

もっとも重要視するところ

 

天然香料の天候や気候に
左右された品質のばらつきがなく
安定供給でき香水の存在感
出せる調合香料が主流になるのも
頷けますね。

 

でも、私大島はそんな天然香料
香りが大好きです。

 

そして、日本人には
天然香料でのフレグランス
がもっとも合っていると感じているのです

 

それはなぜか、
アロマの香りが脳へと浸透し
自律神経を整え、勤勉で真面目な
ストレスの多い日本人の心
癒すことができるからです。

 

欧米の人よりも日本人は
真面目で働き者です。

 

そして、とても謙虚です。

 

ココシャネルは合成香料を
使用したNO.5を作る際

 

どこにもない人工的な香り
体にまとわりつくような
自分がいなくてもそこに
いたことを思い出させる香り

 

を作成したいとエルネスト・ボー
に頼んだと言います。

 

実際、ココシャネルのコートには
NO.5が染み込んでいて
コートが置いてあるだけで
シャネルのものだとわかったほど
だと言われているくらい

 

NO.5を愛していました
31RhPMa1w+L.jpg

 

でも、私はまとわりつくような
香水が苦手な日本人がかなり
多くいるとそう感じているのです。

 

なぜなら、日本は1853年の
ペリー来航まで鎖国状態でした。
(開国についてはあやふやなようです)

 

日本人は外国人のことを
外人と呼びます。

 

まさに鎖国状態だった日本は
外からきた人という差別用語
外国人を呼んでいるのです。

 

そのため、シャネルの
自立した女性の像=存在感を示す香り
からくる

 

外国人の香水のつけ方
不快だと思う女性が多く、その結果
香水をつける文化があまり
浸透しなかったのではないかと
そう思うのです。

 

それなら、外国人のあのまとわりつくような
香水ではなく、日本人の性格に
ぴったりな謙虚なアロマフレグランスなら?

 

それなら日本人にも
香りでファッションを向上させる
1つの武器になるのではないでしょうか。

 

女性の自立は現代の日本人女性
にもまだまだテーマです。

 

日本人女性の謙虚な性格
香りで彩りを与える
アロマコロジー香水

 

そんな香水は果たして
作成できるのでしょうか。

 

次回は
「CHANEL NO.5と同じ香りをアロマで作れる可能性とは?」
をメルマガで配信中

 

アロマ心理学攻略ガイドを
ダウンロードしてくださいね!

 

[adrotate banner=”7″]

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる