ゲームで呼吸が楽になる!?子供のゲームも台風の時ならやると良い理由とは?

台風上陸で最も怖い子供の喘息発作。喘息発作はゲームで回避できる理由とは?

 

台風の時に喘息の発作が出やすい
ことでお悩みではありませんか?

 

小学生の息子は喘息の発作が
出なくなった今でも台風の時だけ
発作のような咳や頭痛などの
症状が出やすくとても心配しています。

 

台風の時に喘息がでる理由は
こちらのブログに記載していますので
よかったらご覧くださいね。
http://petit-bon-aroma.com/3705/

 

私自身も、小児喘息で苦しい思いを
体験しているため、息子の咳が出て
苦しい姿を見るのが辛くて辛くて

 

毎回、台風がくるというと
息子に手作りのヴェポラップ
アロマで作成し、胸の太陽神経叢
塗り込み、予防をしているのですが

 

実は、台風の時は起きていても
咳が出て、苦しい思いをしている
姿をよく見ます。

 

手作りヴェポラップは塗布して
瞬時に咳が止まるようには作って
いないため、

 

なんとか楽にしてあげたいと
母親としてジタバタするのですが

 

今まさに台風が上陸している
状態なのに、うちの息子

 

今回の台風では
咳すらしていない状態なのです。

 

さて、なぜ喘息の発作のような咳が
台風が最も近づいている今

 

出ていないのでしょうか。

 

実は、前にもこんなことが
あったのでちょっと考えてみたのです。

 

まず、台風がきている時は
爆弾低気圧と呼ばれるくらい
気圧が低い

 

台風の気圧は大きければ大きいほど
低気圧であると言えます。

 

でも、うちの息子は台風がきていても
咳が出ていません。

 

実は、あることをしている時は
低気圧でも喘息の発作が出にくいのです。

 

そのあることとは?

 

「ゲーム」です

16071202.jpg

 

親としてあまり子どもに
やらせたくないゲーム

 

でも、このゲームが台風の時の
喘息の発作予防に繋がること
気が付いたのです。

 

なぜ、ゲームが子供の喘息予防に
繋がるのでしょうか。

 

台風の時は、気圧が低くなるため
体の中が強制的に副交感神経
優位な状態になります。

 

血液は血管が広がることで
緩やかになり、浮腫みやすい
状態になります。

 

喘息は副交感神経が優位に
なると気管が狭くなることから
呼吸に障害が起きることによって
起きる疾患。

 

でも、ゲームをしている時は
ゲームに夢中になることで
常に交感神経が高まり台風の
気圧とは関係なく、血液の流れは
早い状態を保つことができるのです。

 

実際、台風の時にうちの息子は
ゲームを中断させ、お風呂に入り
寝る準備をすると

 

頭が痛くなり、咳をしだし
体が重いといった症状
訴えてきます。

 

母親としてやって欲しくない
ゲームも、台風の時には
逆に交感神経の高ぶり
促進するために

 

一役買っているということ
なんですね!

 

ちなみに、今晩のように
夜に台風がきている時
いくら喘息の発作が出ないからと
ゲームをやらせて起きたくても

 

夜遅くまでやらせたくない
場合は、

 

ゲームをやっている時に
ローズマリーやペパーミント
などの香りをオイルまたは
ジェルで塗布して

 

一気に副交感神経が優位に
ならないように準備して起きましょう。

 

台風の時でも、喘息の発作を
回避できる可能性が高いですよ。

 

ぜひ、参考にしてくださいね!

[adrotate banner=”7″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる