なぜ、アロマは媚薬の効果を持っているのか?

古代ギリシャ文明の発展と、ギリシャ神話に描かれる壮絶な神々の恋愛事情から紐解く、アロマの媚薬の効果とは?
こんにちは
大島鶴枝です

 

アロマ=歴史から
アロマの媚薬の効果を
解説しています。

 

古代ギリシャ最後の女王
クレオパトラの恋愛戦術
からも、かなりアロマの香りが
異性を魅了し、媚薬の効果
持つということが理解できたと
思いますが・・・。

 

そもそも、媚薬効果を持っている
わけって考えたことありますか?

 

植物が大地に根を張り
その場所から動けないでいるのに
なぜ、媚薬効果を持つ必要があるのか。

 

科学的にははっきりとは
わかっていないというのが
現状です。

 

今回は
すこし視点を変えて
ギリシャ神話に登場する
アロマテラピーを解説していきたい
と思います。

 

実は、アロマテラピーの歴史にも
ギリシャ神話を語る古代ギリシャ人
香りの使い方などがざっと出てくる
のですが。

 

私は、ここに、植物に媚薬効果が
ある理由があるのでは?
と思い、調べていくと、様々な
アロマテラピーが出てくることが
判明。

 

媚薬を語る上で、科学的にはっきり
とわからないなら。

 

ギリシャ神話から紐解いていこう!
ということで本日は、ギリシャ神話に
出てくるアロマテラピーを解説
していきたいと思います。

 

ギリシャ神話といえば
ゼウス(全知全能の神)
ポセイドン(海の神)
ハデス(冥界の神)
という名前は聞いたことがあると
思いますが。

 

実は、アロマではこの人が
とっても多く登場するのです。

 

アフロディーテ(愛と美の女神)
83012632.jpg

 

古代ローマではアフロディーテを
ビーナスと呼んでいますが
このアフロディーテ。

 

愛と美の女神であるがゆえに
様々な恋愛戦争を引き起こしている
ちょっと困った人なんです。

 

アフロデーテとアロマテラピー
の記述が書かれている植物
マートル

myrtle1.jpg

 

ギリシャ神話では
アフロデーテが泡から生まれ
島に降り立った時に裸体を木の陰に
隠した木こそがマートルの木
言われています。

 

このマートルの木
(アフロディーテの神木)には
ある女性の恋と女性の憎悪
物語があるのです。

 

クレタ島の王ミノスの娘
パイドラ

 

このパイドラはアテナイの王
と結婚するのですが、アテナイの王
には前妻との息子ヒッポリュトス
という息子がいます

 

パイドラは、義理の息子である
ヒッポリュトスを好きになり
マートルの木の陰から、
ヒッポリュトスを眺め恋い
焦がれたというお話があるのです。

 

実は、このパイドラの恋
アフロディーテが仕組んだ
言われています。

 

義理の息子であるため
叶わぬ恋とわかっていても
パイドラは言わずに入られず
ヒッポリュトスに告白します。

 

でも、ヒッポリュトス
完全に拒絶。

 

怒りに狂ったパイドラは
アテナイの王に
ヒッポリュトスに犯された
偽りを言い、ヒッポリュトスは
国払いになり、自殺してしまうのです。

german1800.jpg

パイドラの逆恨み
ひどい話ですね。

 

パイドラがマートルの木の陰から
ヒッポリュトスを見ていた際
マートルの木から媚薬なる香り
放出するようにアフロディーテが
仕掛けた

 

それによって、マートルの
芳香成分には催淫作用
(官能的な気持ちを高める作用)
があると言われています。

 

ヒッポリュトスに
完全に拒絶されたパイドラは
その香りで恋に落とさせた
マートルの木を恨み
葉にはいくつも、針で刺した
穴が空いていたそう。

 

マートルの木さえなければ・・。

こんなに苦しい想いを
しなくても良かったのに。

 

そういう想いがあったのかも
しれません。

 

通常、私たちアロマセラピストが
学ぶ催淫作用は、精油に
含まれている成分から
催淫があると判断するのですが。

 

実は、成分に催淫作用の成分
がなくても、精油の香りによって
催淫作用をもたらす精油が
いくつかあります。

このマートルという
精油は、成分には催淫作用がない
のですが、香りが催淫作用
をもたらす精油なんですね。

 

古代ギリシャの人々は
香りには人を本能的に
惑わす効果があることを
知っていました。

 

私はギリシャ神話が何千年
語り継がれている理由として
単に、物語に魅力があるから
ではないと思っています。

神話を紐解いていくと
人間を作り出した神々も
また、人間と同じ
愛、憎しみ、悲しみ、嫉妬
という感情と常に戦っていた
のです。

 

何にもないカオス(無の世界)
から大地、海、空、動物、植物
そして、人を作り出した神
感情を慰めるために、
植物にいい香りがする特徴を
作り出したのかもしれません。

 

 

まだまだギリシャ神話に登場する神と
アロマテラピーの逸話、ありますよ

 

次回は
「愛と美の女神アフロディーテが作った花にも催淫作用がある!?」
をお伝えしますね!

 

お楽しみに!

 

追伸:ギリシャ神話にはいくつかの諸説があります。
ご了承ください。 

[adrotate banner=”7″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる