香りで操作されていたナポレオンの悲劇とは?

ナポレオンが愛した香水「4711コロン」に浮気防止の裏の目的を仕組んだ奥様の真意とは?
こんにちは
大島鶴枝です。

 

先日から新シリーズでお伝えしています
ナポレオンの愛した香水
4711コロン。

 

この4711コロンが世界初の
オーデコロンであり、世界最古と
言われているのですが、まさか
この有名な4711コロンに
浮気防止のために奥様が持たせた
なんで秘話があったなんて!

 

びっくりですね。

 

実は、ナポレオンが愛した香水
4711コロン誕生には
様々な歴史的背景があるのです。

 

世界最古のオーデコロン
4711コロン

 

ドイツのミューレンス社創始者
ウィルヘルム・ミューレンス
が修道士から1枚の紙に書かれている
不思議な水

 

修道院では、このレシピを
気付薬として使用していたのですが
このレシピをミューレンス家の
結婚祝いとして渡したと言われています。

 

その気付薬の香りがあまりにも
心地よくいい香りだったため
不思議な水と呼ばれそこから
オーデコロンという名前も誕生した
と言われています。

 

 

4711という番号は、
ナポレオンの占領により
フランス軍が混乱を招くのを
阻止するために、フランスのケルン
という街の外壁に番号をつけた際
ミューレンスの外壁に書かれた
番号を示しています。

 

つらい戦時下の中で
心を癒す不思議な水を
ケルンの人々は家族や
恋人の元に送りそれが
フランスに広く広まって
いきました。

 

その不思議な水の噂を
聞いたナポレオンの奥様
ナポレオンに渡したコロンこそが
ナポレオンが愛した香水
4711コロンと言われています。

 

 

私自身もこの4711コロンを
再現した香りを調香しているのですが
シトラス調の爽やかな香りで少し
ツンとくる柑橘の香りが気付薬
と言われればそうかも!
と納得したのを覚えています。

 

私の個人的な調査ですが
男性がアロマテラピーの香りで
この香り好き!という香りって
柑橘系の香りだと思うのです。

 

ナポレオンは、この4711コロン
のトップに香るシトラスのツンとくる
柑橘系の香りからミドル、ベースと
香りがフローラル調にやや傾く
香りに癒され、心慰められ
落ち着いた気持ちを取り戻して
いたのかもしれません。

 

4711コロンに浮気防止の役目
があるのは、この香りを嗅ぐと
女性を求めるというより
平和な心穏やかな時間を求める
香りだと思うからです。

 

ナポレオンの奥様ジョセフィーヌ
はナポレオンが自分だけに夢中
なるためにあえて
4711コロンを渡したのかもしれません。

 

なぜなら、ジョゼフィーヌが常に
身につけていた香水は
動物性香料の麝香だったからです。

 

動物性香料をつける女性の
真の目的。

 

それは、男性を自分の香りで
ムラムラさせること。

474c343d8f854a1977ca67ed41f47730.jpg

いつまでも私にを感じて欲しい。

 

その想いがジョゼフィーヌ
の心に常にあったため、あえて
催淫作用のある麝香を自分は身につけ
戦争で家を開けるナポレオンの
浮気防止のために4711コロン
を渡したのかもしれません。

 

しかも、このジョゼフィーヌ。
実は、ナポレオンよりも6歳も上
しかもバツイチ子持ち!

 

それなのに、出会った瞬間
ナポレオンがジョゼフィーヌに
一目惚れし、猛烈なアタック
して結婚したと言われているのです。

 

結婚した時の年齢は
ジョゼフィーヌ33歳
ナポレオン27歳。

 

6つも歳が上な上に
ジョゼフィーヌは29歳
年齢を偽って結婚したそうですから
なんとしたたかな女性なのでしょう。

 

そんなジョゼフィーヌに
ナポレオンがぞっこんになった
理由も、もしかすると
香りが関係しているかもしれませんね。

 

ナポレオンの愛したコロン
4711物語でした

 

[adrotate banner=”7″]

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる