夏に気になるシミができる人とできない人の違いとは?

ナポレオンが愛した香水「4711コロン」誕生秘話をお伝えします。
 
 
こんにちは
大島鶴枝です。
 
 
8月に入り、蒸し暑い日が
続きますね!
 
先日、6日に5種類のブレンドで
良質な睡眠を促すスペシャル
ブレンドセミナー開催いたしました。
IMG_0833.JPG
 
今回も大阪、奈良、東京の方に
ご参加頂き、ムエットを使用し、
5種類から8種類のアロマブレンドを
アロマビギナーさんが体験され、
どの参加者様もいい香りを作成でき、
とても楽しいセミナーになりました。
 
 
 
アロマセラピストでさえ、
頭を悩ませる5種類以上のブレンド。
 
 
ムエットで香りを嗅ぎながら、
まるで調香をしているような
(調香は基本10種類以上を
ブレンドしたものを言います)
作成方法で香りのシナジー効果抜群
素晴らしい香りにしながりました。
 
IMG_0859.JPG
 
何より、今回は
ハンドトリートメントセミナー
にご参加の参加者様の
セミナーリピートが多く、
しかも遠方からのリピートだったため、
本当に胸が熱くなるほど、
感激したセミナーでした。
 
 
次回は8月27日開催です。
ぜひ、素晴らしい内容ですので、
楽しみにしていてくださいね!
 
 
 
 
さて、夏になり、汗をかきやすい時期
ということで
アロマで汗対策をしたい、
ニオイ対策をしたい
 
と考えていることと思いますが、
実はこんなフレーズを目にしたのです。
 
 
 
「アロマを自由自在に使用し、
体臭を媚薬に変えて自分の魅力
を増すことに成功した女性たち
がいる」
 
 
アロマテラピーといえば、
様々な歴史があり有名なところでいうと
ナポレオンが愛した香水
「4711コロン」
 
ハンガリー王妃が若返りの媚薬
と呼んだ
「ハンガリーウォーター」
があります。
 
ナポレオンといえば、
19世紀に香水が出来上がるまでに
香料の発展には欠かせない人物
言われるくらいに、
清潔好きで香水を愛した人物。
 
 
 
戦時下でも、月に数十本のコロン
愛用していたナポレオンの
心を慰める役割をするために
奥様が持たせたコロンこそが
あの有名な「4711コロン」
と言われています。
 
 
余の文字に不可能の文字はない
 127652764913316225900_ce8f8566.jpg
という有名なセリフがある
ナポレオンですが、戦争の状況の中では
どれだけ強い心を持った人でも、
一人思い悩むことも多かったのは
想像できると思います。
 
 
ナポレオンは、強い精神力を持っていた
と言われていますが、実は過酷な戦況下
の中でかなり精神的に戦っていたのでしょう。
 
 
慢性的な胃痛
持っていたと言われています。
 
 
 
そんな弱い部分を奥様は
しっかり理解していたんですね。
 
 
でも、実は、この4711コロン

奥様がただ、戦時下にいるナポレオンの
心を慰めるために持たせたわけでは
なく、もう一つ、裏の目的
あったことをご存知ですか?
 
 
 
その裏の目的。
それこそが、4711コロン
含まれるベルガモット、ラベンダーなどの香りに仕組まれた
「浮気防止」の意味。
 
 
実は、長く戦争に行っている夫に
他の女が近づかないように
4711コロンには浮気防止の意味
も含まれているのです。
 
 
アロマテラピーと
歴史的登場人物
の深い
香りの関係。
 
 
アロマを学んでいる人もいない人も、
詳しく知らないことが多くあります。
 
 
実は、アロマテラピーは、
様々な歴史的人物の関わる
男女関係の背後にあり、
香りを使って人間関係を操っていた
女性も多く存在しているのです。
 
 
 
本日から新シリーズで
お昼のメルマガで、様々な
歴史的登場人物と香りの関係を
解説していきます。
 
 
現代を強くたくましく生き抜く
私たち女性にも、女性としての
魅力を高める内容満載です。
 
 
ぜひ、お昼のメルマガで歴史的な
アロマテラピーを楽しく学んでくださいね!
 
 
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる