精油のブレンドの一般的常識ってご存知ですか?

精油のブレンドの一般的常識ってご存知ですか?

 

あなたが
アロマセラピストさんなら
当然、知っている内容かと思いますが、
一般的にセラピストでないと
ブレンドの一般的常識って
知らないと思うのです。

 

では、初期からブレンドについて。

 

少し、学んでいきましょう。

 

まず、ブレンドとは
精油同士を掛け合わせ、
オリジナルの
香りを作成する事。

 

アロマの場合は香りも重要ですが
精油一つ一つの成分もとても
重要になります。

 

それぞれ異なった精油を掛け合わせる
ことで、香りも成分同士での効果効能も
作り手の器量で、何通りにも作成
できてしまう。

 

それがブレンドの魅力です。

 

石井のり子先生や私は
アロマブレンディングと
呼んでいます。

 

精油は、基本、原液塗布
できません。

 

そのためキャリアと呼ばれる
「精油を運ぶもの」
が必要となるのですが、そのキャリアは
作成するクラフトによって違ってきます。

 

例えば、キャリアをオイルにするのなら
アロマオイルと呼びます。

 

 

実は、ブレンドの一般的な常識とは

このキャリアごとに、ブレンド率
というものが大幅決められている
ということなのです。

 

そう、精油は一つのクラフトに
何滴も上限なくブレンドしては
いけないという決まりがあります。

 

このブレンド率というものが
とても重要なのです。

 

ここから本題。

 

一般的にキャリアオイルに
ブレンドしてもいいブレンド率。

 

何%かご存知ですか?

 

どの協会でも、日本でアロマを
学ぶなら一般的に
キャリアオイル50mlに対して
最大3%=30滴まで
と学んでいると思います。

 

でも、実際にアロマブレンドオイル
を作成する際には、2%もしくは
最大でも2.5%までしかブレンド
しません。

 

そのためアロマブレンディング講座
生から、
「3%のブレンドになれなくて
戸惑いがあります」
という不安の声が上がってきたのです。

 

さて、

3%のブレンドオイル。
使用するのに、怖いという
気持ち。

ありますか?

 

実は、日本のアロマセラピストは
3%のブレンドに対して
抵抗のある方が多く、あまり
精油を多く入れないという現状があります。

 

でも、このブレンド率が低いと
いうことでフランスで学んだ
アロマセラピストから見た日本の
アロマテラピーは軽視されやすい
という傾向にあるのです。

 

一体、なぜ軽視されやすいのでしょうか。

 

ブレンドの重要性、ブレンドテクニックを
メルマガで解説しています。

 

ぜひ、メルマガに登録し、
学んでくださいね!

 

[adrotate banner=”7″]

 

%LAST_NAME%さんが
アロマセラピストさんなら
当然、知っている内容かと思いますが、
一般的にセラピストでないと
ブレンドの一般的常識って
知らないと思うのです。

 

では、初期からブレンドについて。

 

少し、学んでいきましょう。

 

まず、ブレンドとは
精油同士を掛け合わせ、オリジナルの
香りを作成する事。

 

アロマの場合は香りも重要ですが
精油一つ一つの成分もとても
重要になります。

 

それぞれ異なった精油を掛け合わせる
ことで、香りも成分同士での効果効能も
作り手の器量で、何通りにも作成
できてしまう。

 

それがブレンドの魅力です。

 

石井のり子先生や私は
アロマブレンディングと
呼んでいます。

 

精油は、基本、原液塗布
できません。

 

そのためキャリアと呼ばれる
「精油を運ぶもの」
が必要となるのですが、そのキャリアは
作成するクラフトによって違ってきます。

 

例えば、キャリアをオイルにするのなら
アロマオイルと呼びます。

 

クレイならクレイパック。
塩なら、「バスソルト」など。

 

実は、ブレンドの一般的な常識とは
このキャリアごとに、ブレンド率
というものが大幅決められている
ということなのです。

 

そう、精油は一つのクラフトに
何滴も上限なくブレンドしては
いけないという決まりがあります。

 

このブレンド率というものが
とても重要なのです。

 

ここから本題。

 

一般的にキャリアオイルに
ブレンドしてもいいブレンド率。

 

何%かご存知ですか?

 

どの協会でも、日本でアロマを
学ぶなら一般的に
キャリアオイル50mlに対して
最大3%=30滴まで
と学んでいると思います。

 

でも、実際にアロマブレンドオイル
を作成する際には、2%もしくは
最大でも2.5%までしかブレンド
しません。

 

そのためアロマブレンディング講座
生から、
「3%のブレンドになれなくて
戸惑いがあります」
という不安の声が上がってきたのです。

 

さて、%LAST_NAME%さん。

3%のブレンドオイル。
使用するのに、怖いという
気持ち。

ありますか?

 

実は、日本のアロマセラピストは
3%のブレンドに対して
抵抗のある方が多く、あまり
精油を多く入れないという現状があります。

 

でも、このブレンド率が低いと
いうことでフランスで学んだ
アロマセラピストから見た日本の
アロマテラピーは軽視されやすい
という傾向にあるのです。

 

一体、なぜ軽視されやすいのでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる