【メルマガ感想】ずっとこの辛さから解放してもらいたいと思っていました。

言葉一つ一つが心に浸みて読んでいたら涙が出てしまいます。

 

%LAST_NAME%さん
こんにちは
fragrance oobu 創始者
アロマ芳香心理アドバイザー
育成セラピスト
大島鶴枝です。

 

リリースから2日で
かなりの量のご注文をいただいています。

 IMG_9014.JPG

今日は、

fragrance oobu
au teint clair
〜オ タン クレール〜

をご購入に至るまでに
日々、辛くてたまらない
心を抱えていたメルマガ読者
様のメッセージをご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーー

大阪府 A様

大島先生、こんにちは

大阪府のAと申します。
大島先生の初の商品をメルマガを
読みながらずっと心待ちにしていました。

 

実は、もう42歳になるのですが
最近、情緒不安定がひどく、小さな
ことでイライラしたり泣いたり。

それが普通よりもひどく感じていました。

もうすぐ結婚するかもしれないパートナー
にも、最近変だよと困った顔をされ
自分を捨てて他の女性にいかないか。

心配でたまらないのです。

でも、大島先生のメルマガで
「強くたくましく生き抜く女性の心の
下支えをしたい」という言葉に
涙が出て止まらないほど感動しました。

商品が届くのがとても楽しみです。

香りが頼りと言っては強くたくましく
とはいえないかもしれませんが
フレグランスオーブの香りで
自信に溢れた女性を目指したいと思います。

ーーーーーーーココまで

A様、素敵なメッセージ
ありがとうございました。

 

前にもお話ししたと思いますが
中医学では女性はの倍数の時に
大きな不調が現れると言われています。

 

今まではそこまで気にならなかった
心の不調が周りの人に指摘されるほど
ひどくなってしまった。

 

それこそ、7の倍数の年齢ならでは
かもしれません。

 

今の環境をA様は
「過酷な環境にいる」と
ご自身で思っていると思いますが、
そもそもそんなに過酷な環境ではありません。

 

A様は幸せの絶頂にいるのです。

結婚するかもしれないパートナー
に最近変だよと困った顔をされ
自分を捨てて他の女性にいかないか。

心配でたまらないのです。

 

この感情は、中医学でいう「肝」
が弱った時に起こりやすい不安感です。

 

もし、これが健康な人なら、
・結婚するかもしれない相手がいる
・自分のことを気にかけ心配してくれる
・こんな私のそばから離れていかない

私を本当に愛してくれている

こんな風にポジティブな気持ちに
なるでしょう。

 

問題は環境ではなく、捉え方なのです。

 

肝が弱ったA様の不安感がネガティブな
感情を生むのです。

 

fragrance oobu
au teint clair
〜オ タン クレール〜

を嗅ぐことでネガティブな感情から
笑顔を取り戻せば、今の現状が
幸せの絶頂にいると気づくことが
できますよ。

 

私も、イライラがひどかった時は
旦那の小言にいちいち、イラついて
いました。

 

うちの旦那は、かなり小言(説教)
が多いんです 笑

 

でも、最近、私が自分に都合の
悪いことを言われた時、ムキになって
怒らなくなったことで、旦那は
「最近の君に嫌なことは一つもない」
と言ってくれます。

 

それでも小言は続くわけですが 笑

そんな時、ふと気が付いたのです。

旦那が小言を言う時は
私に話を聞いてもらいたい
私とコミュニケーションがとりたい

そんな時だと・・・。

旦那は小言ではなく、私に
構ってもらいたいから喧嘩をふっかける
と言うことに 笑

 

それに気が付いたら、小言を言うたびに
笑いながら、言い返すようにしています。

 

心に余裕があれば、相手の想いに
自分が気づいてあげることができるようになる。

 

私は日々、調香精油で
笑顔の貯金をしていますから。

 IMG_8828.JPG

嫌なことがあっても、いつだって
笑顔になることができます。

 

不安感は、香りを嗅いで
その場で解消しましょう。

 

初めは香りを嗅いだその瞬間
笑顔を取り戻し、日々、香りを
嗅ぐ習慣を作ったら、どんどん
心に笑顔の貯金をしていきましょう。

 

前向きで強くたくましく
生き抜く女性になりますよ。

 

fragrance oobu
au teint clair
〜オ タン クレール〜

IMG_9013.JPG
お申し込みはこちら
%%%_LINK_6769_%%%

 

%LAST_NAME%さんが
憧れる大人の女性になるために
香りが支えます。

 

プリザ付きキャンペーン中に
ぜひ、お申し込みくださいね!

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる