精油の香りを嗅ぐ時は◯◯◯で嗅がなければいけない理由とは?

これってやってはいけないことなんです。

 

 

先日、のり子先生のサロンに
調香レッスン
を受講してきたとお伝えしました。

15541191_1150603558391635_8229175999393696971_n.jpg

 

調香とは
精油だけをブレンドし、
オリジナルの香りを作成する方法です。

 

 

たとえば、ラベンダーという精油は
ラベンダーの花と葉から抽出した
植物のエッセンスを瓶につめて
販売されています。

 

 

調香は、これら単体の精油
たくさん使ってオリジナルの精油
作る方法なのです。

 

 

このオリジナル精油のことを
私たちは、マセレーションオイル
と呼んでいます。

 

1476319109872.jpg

先日、インフルエンザ対策
マセレーションオイルを作り、
予防目的で拡散していると
お伝えしました。

 

 

私は疾患別の調香から学んでいますが
目的が同じものは単調な香りになりやす
という面があると感じました。

 

 

特にインフルエンザなどの感染症に
有用な精油は、ローズマリーなどに
含まれるシネオールという成分
含まれるものを多く使うので。

 

シネオールの香りが勝って
しまう
ため単調になりやすいのです。

 

 

でも、ここが調香の魅力の一つ。

シネオールを他の精油をブレンドする
ことによって、目立たない香りに仕上げ
香りも最高に良いものに仕上げられる点です。

 

 

香りのレシピは、無限大。

自分で香りを作ることができるという
分野までアロマセラピストとして
達すると、

香りを自由に操れる

真の調香師と言えるのです。

 

 

アロマを学ぶことを決意し、
アロマセラピストとして
活躍する未来にはかならず
調香は必要になってくると感じています。

 

 

今回は、のり子先生が
ムエットにつけた精油を
私が何の精油か言い当てる
ということを初めて体験しました。

15589798_1150603661724958_8720183871497311659_n.jpg

↑ムエットに精油をつけて渡しています。

 

 

そこで、質問。

私は見事、香りを言い当てることができたのでしょうか。

 

 

私を
アロマのスペシャリストと思って
くださってブログをお読みなら

当然!言い当てられた
思いますよね?

 

 

答え: 言い当てることができませんでした(笑)

 

 

それも、簡単だと思えるラベンダー
すら言い当てられなかったのです。

 

 

私は、精油のボトルをみて
ラベンダーと書いてあれば、
ラベンダーの香りが思い浮かぶセラピストです。

 

 

それでも、言い当てられなかったのです。

 

 

さて、この経験で私が感じたこと。

人は、目で香りを記憶している

ということです。

 

 

ラベンダーという名前をみて
香りを嗅げばわかるのに
香りだけで言い当てるというのは
本当に難しいことなんだ
と改めて感じました。

 

 

そして、精油の香りを
精油瓶から直接嗅ぐということが
どれだけ真の香りを嗅いでいない
ことかということにも気づかされました。

 

 

精油の香りを嗅ぐ時はできるだけ
ムエットで嗅ぎましょう。

 

 

なぜかというと

精油瓶に付着した精油は空気に触れて
微量酸化しています。

 

 

調香では、自分の鼻をたよりに
香りのバランスを考え精油をブレンドします。

 

 

瓶の中に入っている香りをしっかり
感じることが必要になってくるからなんですね!

 

 

ラベンダー

ぜひ、
精油の香りを嗅ぐ時はムエット
少しだけ垂らし、嗅いでみてくださいね!

 

 

調香は本当に奥が深く
まだまだ私も学び続ける必要があると
感じていますが、一つ、私にとって
ラッキーだと感じていることがあるのです。

 

それは、石井のり子先生から
学べるという環境
です。

14595720_1072718046180187_5974971647714690772_n.jpg

 

のり子先生が、他の調香師と
明らかに違う点は日本でトップクラスの
師匠を持っているということ。

 

 

のり子先生の師匠は、

精油1滴多く入っただけで

「そうねえ、ジュニパーが1滴多い」

と香りのバランスから
たった1滴多いことを
指摘する真の調香師。

 

 

そんな先生から4年間、毎月通って
調香を学んでいるのり子先生の調香の
素晴らしさは、ほぼ神の域なんですね。

 

 

私は、そんな先生から学べる環境が
とても誇らしく、
自分もそうなれる可能性
がある環境にとても感謝しています。

 

「いいなあ」

「私も学びたいなあ」

 

と調香に興味が出てきましたか?

 

 

私は、のり子先生からこの
調香を学んでいますが調香レッスンは、
アロマブレンディング講座生のみしか
学べないという特権があります。

 

 

そのため、のり子先生に
直接、学ばせてください!と
お願いしても学べませんので
ご了承くださいね。

 

 

その理由としては

調香を学ぶ前に、ブレンド
マスターする必要があるからです。

 

 

アロマパーフェクトブレンディング講座
受講生は、今まさに、

講座内で調香に行く前段階の
ブレンドをマスターするために学びを
深めています。

1481610368162.jpg

 

ブレンドをマスターした先に
調香があり、その順番を守らないと
ただ学んだだけの調香師になってしまうんですね!

 

 

むやみやたらに、ネットで検索し
実力のない講師を信じせっかちに調香を学びはじめたら
悲惨な結果を招きますよ。

 

 

調香は、奥が深く長い長い学び
続くものです。

 

 

今のご自身のアロマブレンドに自信が
つかない状態で他のレッスンにいき
後悔するようなことがないよう

段階を踏んで学んでくださいね!

 

 

でも、調香学びたい!

どうしたらいいの?

と思っているのなら、まずは
調香精油とはどんな精油
なのか。

 

体験することから始めることです。

 

 

私とのり子先生が1月に開催の
アロマセルフケアレッスン参加者様は、
この調香を行ったアロマ心理学
9種のマセレーションオイルの香り
嗅ぎ、ハンドトリートメントで香りを
体感しながら手技を学ぶことができます。

1481610512003.jpg

 

もし、
1月のセミナーにご参加いただけるよう
でしたらアロマ心理学の調香精油の香り
を嗅ぐこともぜひ、楽しみにしていてくださいね!

 

 

そして、
1月のセミナーにご参加しない場合は
調香した精油の香りを嗅ぐ機会を
得て、また新たなアロマの可能性
見出してください。

 

 

まだ、次回開催は未定ですが
ぜひ、次回開催の
アロマセルフケアレッスンに次こそは
募集開始とともにお申し込みくださいね!

 

1470114892886.jpg

[adrotate banner=”7″]

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる