効果がない手技と効果がある手技、ポイントはツボへのアプローチです。

先日は、1月15日、22日
に開催するアロマセルフケアレッスンで
のり子先生のハンドトリートメント
4つのポイントがわかると
お伝えしました。

 

 

その4つのポイントとは

・ホルモンバランスの乱れ
・リュウマチ
・認知症
・動脈硬化

初期症状がわかるとお伝えしましたね!

 

 

本日はこの4つの中から
ホルモンバランスについて。

 

 

石井のり子先生のハンドトリートメントを
行うと、ホルモンバランスがいい人は
ある症状を訴えるのです。

 

 

いったいそれはなんなのでしょうか。

 

ハンドマッサージ

 

実は、のり子先生の
ハンドトリートメントでは
脳下垂体にアプローチする
指圧ポイントがあるのです。

 

 

ホルモンバランスがいい人は
この指圧ポイントを刺激すると

痛みを感じる

のです。

 

 

 

「え?大島先生?
間違えていませんか?」

「ホルモンバランスがいい人
ではなく悪い人ですよね?」

 

 

いいえ。
ホルモンバランスが良い人
なんです。

 

 

通常、足裏のリフレクソロジーなどの
反射区を刺激する施術は、臓器の
弱った人に痛みが現れます。

 

 

でも、のり子先生の
ハンドトリートメントでは
ホルモンバランスがいい人が
痛みを感じるという
逆の症状をもたらすんですね。

 

 

それはなぜなのか。

 

 

手という場所は脳に近い場所です。

 

足と違い、手は、脳、首、肩、腕
手と感覚が伝わっていきます。

 

 

脳のことはが物語っているのです。

 

 

脳下垂体は脳の
ホルモンバランスを司る場所。

 

そのため、この指圧ポイントを
刺激し、痛みを感じるイコール
脳へと刺激がいっている証拠

と言えるんですね!

 

 

ホルモンバランスが悪い人は
この脳への伝達がうまくいかなくて
指圧ポイントを刺激しても痛みを
感じない
というわけなのです。

 

 

手は、脳へとダイレクトに刺激を
与えるということがお分かりいただけましたか?

 

 

では、一つ質問。

ハンドトリートメントはイベントなどで
出店しているのをみたことがありますよね?

 

一度は、経験したことがあるかと思います。

 

 

アンケートを記入すれば無料などで
おこなっている
P◯LAさんや化粧品メーカー
も多いですからね。

 

 

その数あるハンドトリートメントの施術
で、痛みを感じたことはありますか?

 

 

大きな声をあげるほど痛み
感じる施術、受けたことはありますか?

 

 

ただ、撫でていて気持ちのいい施術は、
脳に刺激をもたらしていない
証拠です。

 

 

人は、人の温もり、人に触れられる
気持ち良さで脳のリラックスを
感じさせます。

 

 

でも、直接しっかりと刺激を伝え
・ホルモンバランスの乱れ
・リュウマチ
・認知症
・動脈硬化

などの初期症状を見抜きアドバイスが
できる手技は見たことも聞いたこともありません。

 

 

それだけ、覚えておけば、
財産になる手技なのです。

20160810155013.jpg

 

だから、3ヶ月連続満員御礼
3ヶ月で約50人が全国から
私たちの元に学びに来た

ハンドトリートメント手技なのです。

 

 

もし、
前回も悩んでいた間に満員御礼
になり、次回こそは!と思っていたなら
12月12日(月)17時募集開始
同時にお申し込みください。

 

自信を持って提供出来る、臨床が
しっかりあるハンドトリートメントを
学びに来るか来ないかで

チャンスをつかむ人か掴めない人か。

 

命運が分かれるでしょう。

 

 

チャンスを掴める人は
かならず行動します。

 

 

勇気を出して、ぜひ
何としても学びに来てくださいね!

 

お会いできるのを楽しみにしています。

 

1

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる