冬のウイルス対策として心がける 簡単で誰にでも今日からできる方法とは

寒さがどんどん厳しくなってくる
今日この頃。

風邪などひかれていませんか?

 

 

先日、第一回目の
アロマブレンディング講座
授業を開催しました。

1476069598883.jpg

10月からのり子先生と共に開催して
いるアロマブレンディング講座は
半年間で6つの疾患のアロマブレンド
を学び、アロマ心理学で芳香心理
アドバイザー
を目指す講座です。

 

第一回目がちょうど、
「呼吸器疾患」
この時期、とても有用な内容だったので
本日は、その内容の一部を
お分けしお伝えしたいと思います。

 

さて、質問です。

 

Q. 風邪をひかないようにする対策って何をしますか?

 

テレビを見ていると、季節的に
ウイルス対策とか風邪予防

といったキーワードがたくさん出てくると思います。

 

一般的には

ウイルスをのどにつけないために

・加湿をする
・マスクをする
・手洗い・うがいなど

きっと、
心がけていらっしゃると思います。

 

実は、もっと簡単で誰にでもできる
ウイルス対策があるのです。

 

もし、

「大島先生が前に行っていたアロマスプレーかな?」

と、ブログ内容を少し思い出して
いただけていたら嬉しいのですが、
ふと頭に思い浮かびましたか?

 

私は、冬になると、アロマスプレーを
マスクにシュッとしてお出かけをする
ということを家族で徹底し、
風邪をひかない生活をここ数年、
過ごしています。

 

アロマだと、もちろん、
この方法も有用です。

 

しかし!アロマを使わず
誰でも簡単にできる方法があるのです。

 

さて、頭を切り替えてもう一つ質問。

 

Q.
口呼吸が多いですか?
それとも鼻呼吸が多いですか?

 

 

ちなみに私は、鼻呼吸がメインです。

昔、喘息だったこともあり、
口を開けて呼吸するとすぐに
のどが痛くなってしまうため、
鼻呼吸を特に寝るときは心がけています。

 

さて、上記の質問と合わせて、
これがいったい、どんなことに
つながるのでしょうか。

 

実は、

風邪をひきやすいか、
引きにくいか
がわかるのです。

 

のり子先生の第一回目の講義で

口呼吸と鼻呼吸の違いを教えてもらいました。

 

実は、鼻から入った空気は

・湿度が95%
・温度は35度

に調節されて肺に空気が送られているんです。

 

でも、口からだと、
渇いた冷たい温度の空気
そのまま肺に送られていきます。

 

そのため、ウイルスがのどにつきやすいのです。

風邪やインフルエンザにかからないよう

にするためには鼻呼吸が欠かせないん
ですね!

 

 

第一回目の講義では、のり子先生の師匠
がこの寒い時期、インフルエンザ対策で
鼻に直接塗るアロマブレンドオイル
その名も「エスプリープ」
レシピも教えていただきました。

1478761481818.jpg

 

のり子先生いわく

「師匠は、人ごみから身を守る
際にいつも鼻に塗りなさいって
言うんだけど、私は鼻に塗った
ら涙がボロボロで(笑)」

と、おっしゃっていました。

 

10ml瓶に100滴も精油が
入っていて実際に香りを嗅がせて
いただきましたが
「これは効き目がありそう!!」
と講座生と盛り上がっていましたよ☆

 

このエスプリークのレシピはこの

アロマブレンディング講座生
のみ
にお伝えするレシピなので、
公開できません。

 

このアロマブレンディング講座の魅力の
一つとして、

毎回、疾患別の臨床が
伴ったのり子先生の師匠の
レシピがもらえるという
スペシャルな講座
です。

 

私のアロマスプレーより
強力でまるでお薬のような
エスプリーク

今年の冬は乗り切りたいと思います☆

 

もちろん、アロマに頼るだけではなく
日常生活の中で

・手洗い、うがい
・マスクの着用
・鼻呼吸を心がける
・加湿器の使用

などを心がけることが重要。

 

ぜひ、いまからの季節。

風邪やインフルエンザにかからないように
気をつけてお過ごしくださいね!

 

 

[adrotate banner=”7″]

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる