アロマ心理学でアロマの魅力を学ぶ方法

アロマパーソナル精油

いきなりお聞きします!

 

あなたは
アロマ初心者ですか?

それともアロマセラピストですか?

 

アロマ初心者ならもしかして
こんな風に思っていませんか?

「アロマセラピストって

誰でもいい香りが作れる」って。

14595720_1072718046180187_5974971647714690772_n.jpg

その思い込み、実は勘違いです。

アロマセラピストでも、すべての人が
いい香りのブレンドが
できるわけではありません。

 

そう、本日お伝えしたいのは
精油と精油のブレンドの相性
のお話です。

 

アロマセラピストは、たくさんの
精油を掛け合わせ、オリジナルの香りを
作ることができます。

 

でも、このオリジナルの香りを作る

という点が一番難易度の高い部分
なのです。

 

1476319109872.jpg

まず、アロマのブレンドを行う場合
アロマセラピストは、精油の香りを
頭に思い浮かべます。

 

そして、選んだ1本の精油をより
いい香りになる精油を思い浮かべ
ブレンドする前にイメージし、
ある程度、予測してブレンドする
必要があります。

 

良い香りのブレンドを作るためには
精油と精油を掛け合わせた香りの
イメージが即座にできるように
ならなければいけないんですね。

 

しかも、それが1本+1本なら
いいのですが、もし調香を行うとしたら
約10本くらいの精油の相性と、
その10本の精油、1本1本を
何滴いれればいい香りになるのか、
イメージしなければいけません。

 

そのため、アロマテラピーの醍醐味である
調香は、一番難易度が高く、何年も
お勉強するセラピストがいるくらいなのです。

 

そんなに簡単に、
香りと香りを掛け合わせた香りを
「いい香り」に仕上げることは
できないということですね!

 

でも、もし、精油の香りの
イメージが、人の性格に当てはめて
イメージすることができるのなら。

 

少し、わかりやすくなると
思いませんか?

 

少し想像してみてください。

 

私たち人間は、人間同士の性格
相性は、イメージしやすいですよね?

たとえば、オレンジの人と
プチグレンの相性をイメージするとします。

 

オレンジの性格は
人懐っこくて、楽天的な性格

その明るさはプチグレンみたいな
傷つきやすく、センチメンタルな
人見知りタイプでも、オレンジと
一緒にいると
明るく前向きになれる

 

だからこの二人の
相性は悪くない

FCFG100155839_TP_V.jpg

こんな感じで人の性格に
当てはめると、精油同士の
ブレンドも相性が良いイメージ

つきませんか?
実際にオレンジとプチグレンを
ブレンドすると、本当に
プチグレンのあの癖のある香りが
一気に明るくなるのです。

 

これが
アロマ心理学の
最大の魅力

 

精油同士の掛け合わせも
人の性格に当てはめるとイメージしやすい
という点です。

 

アロマのブレンドは掛け算だけです。
ブレンドしたら引くことはできません。

 

そのためブレンドは一発勝負。
嫌な香りはどうにもならないのです。

 

それをいい香りにするためには
ブレンドした時のイメージを常に
頭に思い浮かべることが重要。

 

その基礎となるのが
9種のアロマ抽出部位の香りのイメージですよ☆

 

アロマ心理学は
9種のアロマ抽出部位を人に当てはめ
診断する方法。

 

アロマ心理学を学ぶと
・精油同士のブレンドした香りを
イメージしやすくなり

・人と人の相性も精油の香りを
イメージして理解しやすくなる
のです。

 

精油のブレンドの相性も、
人の性格の相性も
アロマ心理学に基づいて学ぶと
理解できるようになるんですね!

 

誰がこのアロマ心理学を
占いと一緒というのでしょうか。

 

占いと一緒なんて言わせません。
アロマ心理学から学べるのは
精油1本の素晴らしさと人との共通点です。

 

これほど、楽しいアロマの学び方が
他にあるでしょうか。

 

だから、わたしが夢中になるのです。

まだまだ、アロマ心理学システムを
使って人の心に届く香りを導く取り組みは
始まったばかりです。

 

たくさんの人にアロマ心理学を
知ってもらい、心を癒す香りを
お届けしたい。

 

そういう気持ちから
アロマ心理学攻略ガイドは作られました。

 

アロマ心理学に興味のある方は
ぜひ、ダウンロードし、
アロマ心理学ってなんなのか。

 

お勉強してくださいね。

 

[adrotate banner=”7″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる