私、告白します!何を伝えたくてアロマにこだわるのか、実は◯◯を伝えたいからなんです。

先日は、妊婦さんへのアロマテラピーの
積極的なアプローチは控えましょうと
お伝えしました。

 

 

《質問》前置胎盤と言われた娘にアロマでケアできますか?
https://www.agentmail.jp/archive/mail/540/1480/92627/

 

 

Y様から素敵な返信が来ましたので
ご紹介しますね!

ーーーーーーーーー

大島様、メルマガで質問のお返事を
いただいたYです。

お返事、ありがとうございました。
とてもよくわかりました。
アロマで香りを楽しむ、そしたら、
気持ちもりらっくすできる、
それくらいに思っていた私は、
びっくりしました。

植物は、人間と同じで母なる大地、
地球から作り出されたもの。

使い方次第で毒にもなる。
本当にそうですね、

教えていただき、
本当によかったです。

知らない素人が、
勝手に思い込みでやっては
いけないことなんですね。

出産までは、病院の先生のもと、
しっかり診ていただき、
母子共健康で無事、出産できるように、
栄養のある食事、サポートできるように
したいと思います。

本当にありがとうございました。

出産後、ご報告できるように
したいです。

また、メルマガ楽しみにしてます。

ーーーーーーーーーー

 

Y様、素敵なお言葉ありがとうございます。

私がこの返信をいただいて感動したのは
Y様のこのお言葉。

植物は、人間と同じで母なる
大地、
地球から作り出されたもの。

という部分。

 

 

実は、この言葉には私大島の
アロマにこだわり続ける想い
隠されているのです。

プラナロム

 

あなたはどうして
アロマを私のメルマガで学び
使える様になりたいと思っているのですか?

 

 

もしくは、
アロマセラピストなら、なぜ
アロマセラピストという仕事を
選びましたか?

 

 

私は、この問いかけをアロマを学んで
9年間、ずっとずっと自分に
問いかけていました。

 

 

もしかするとアロマにただこだわっている
だけで、別に他のものを学んでいたら
それでも良かったのかもしれない。

 

そう思った時もありました。

 

 

でも、アロマ心理学に出会い
私は、アロマテラピーを提供する意味を
自分の中で強い想いにかえることが
できたんです。

 

 

その想いとは・・・・。

1476069678475.jpg

植物のエッセンスは同じ地球で
育った私たちと一緒なんだということ。

 

 

私たちの心と体を癒すアロマは
人が人工的に作ったものではありません。

 

だから人は植物を食し、香りを嗅ぎ
なんらかの形で体内に取り込むことで
呼吸をし、まっすぐに立ち、生きることが
できるのだと。

 

 

その想いが私のアロマを提供する意味と
なり深く浸透し、自分の中でアロマを
広げたいという想いに変わったのだと。

 

改めて感じました。

 

 

そして、この想いは、昨日開催した
アロマブレンディング講座の受講生にも
大きな意味でアロマに夢中になる
きっかけ
となった授業になった様です。

1476069641659.jpg

 

アロマをこの講座で初めて学ぶ生徒さん
北川さんのお言葉をご紹介します。

 

ーーーーーー

大島先生、アロマを初めて学ぶ私には
精油の香りと名前がまだ一致せず
なんとかついていこうという気持ちで
いっぱいです。

でも難しい成分から
学ぶより、アロマ心理学で人との共通点を
学ぶことで、植物は私たち人間と
同じなんだと、
そう感じることができました。

ーーーーーー

目をキラキラさせて、一生懸命
そう話す北川さんに、私大島は
北川さんの純粋な気持ちに応えたい
という想いとともに、私たち
アロマセラピストが忘れてはいけない
アロマへの情熱を感じました。

 

 

 

アロマ心理学は、私たちが体に有用な
ものを取り入れたいという想いを
裏づける理由を見いだすことができる
ものです。

 

 

占いではない、でも
占いよりも自分のことがわかる

1476069570773.jpg

 

そんなアロマ心理学。

ぜひ、アロマ心理学イベントで
自分のアロマジェネラルを知り
アロマをもっともっと好きになる
きっかけになっていただけると
嬉しいです。

 

 

そんなアロマ心理学お披露目イベントは
11月27日(日)開催です。

 

ぜひ、積極的にお申し込みくださいね!

お会いできるのを楽しみにしています。

14192578_1050322248419767_7027276548162042693_n.jpg

[adrotate banner=”7″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる