《質問》前置胎盤と言われた娘にアロマでケアできますか?

先日は、10月から開催する
アロマブレンディング講座スタート
内容をお伝えしました。

 

かなり反響がありこんな質問が
ありましたのでお答えしますね!

 

ーーーーーーーー

メルマガ読者様 S様

大島様。いつも楽しくメルマガ
拝読させていただいています。

質問です。

アロマブレンディング講座は、
今からでもお申し込み可能ですか?

ーーーーーーーー

S様。
嬉しいお言葉ありがとうございます。

 

S様の気持ち、わかりますよ。

この講座、私がもし初めてであっていたら
喉から手が出るほど受けたい講座
そう思ったでしょう。

 

 

アロマ心理学は
168ページにわたるアロマ心理学
テキスト
をデーターでもらい、
いつでもiPhoneがあれば
友達、家族、知り合いに診断して
あげることができる様に作成しています

14192578_1050322248419767_7027276548162042693_n.jpg

サロンを経営していたら、お客様から
様々な質問をいただきその度にネット
などを活用し、自分で調べないと
いけないと思います。

 

この講座を受ければしっかりとした
臨床に基づく様々な不調の緩和を
目指せる黄金レシピ
をお客様に
お伝えし、ブレンドオイルを
販売することもできる。

 

 

そして、ブレンディングの基礎である
・効果効能を意識し
・花や葉、木の精油のバランスが取れた
・まるで香水の様な良い香りのブレンド
まで、身につけることができる。

 

こんな講座、
見たことも聞いたことも
ありません。

 

 

ただ、大変申し訳ありません。

 

 

10月から開催の《0期》受講は
ありがたいことに満員御礼
なっています。

 

 

次回、開催は
来年の4月頃の予定です。

 

 

ぜひ、楽しみに次回開催を
お待ちくださいね☆

 

 

さて、本日のメール講座は
《質問》前置胎盤と言われた娘にアロマでケアできますか?

 

今回もメルマガ読者様の質問に
お答えしますね!

 

ーーーーーーー

初めまして、Yと申します。
昨夜、メルマガ1号を送っていただきました。

とても、わかりやすく、アロマの香りは
好きで、少し勉強をしたい
思っている私には、よくわかる
メルマガです。

これから、そろえてみたいな、
と思えます。

バックナンバーを少し見させて
頂いたので、どういうのを
買ったらいいかもよくわかります。

毎日、楽しみに読ませていただきます。

faceブックも前に友達つながりで
読ませていただき、それが
きっかけで登録させていただきました。

FBにメッセージを送らせて
もらったのですが、もう1度、
お尋ねさせてください。

娘のことですが、妊娠中で

前置胎盤と診察され、
心配しています。

もう11月の始めに帝王切開に
なるかもしれないと言われています。

私も聞いただけで、心配で
たまらないのですが、娘の前では、
そんなことも言えず、大丈夫とだけ
言っています。

これから、名大病院に紹介され、
見ていただくことになっています。

気持ちをリラックスさせ、
妊婦にも害がなく、
アロマでできることが
あるでしょうか?

私も健康に心配なことがあるので、
お時間があり、予定が合う時が
ありましたら、お願いしたいと
思っています。

長々とメールで失礼しました。

ーーーーーーー

Y様、
素敵なメールありがとうございます!

 

本当に嬉しいことに、たくさんの方から
「アロマの本を買う前に大島鶴枝の
メルマガを読め」
ご紹介いただいた方に感動していただいています。

 

 

お近くで
アロマを生活に取り入れたいと思っている
お友達がいましたら、ぜひこのメルマガを
ご紹介くださいね☆

 

 

さて、Y様からの質問に戻りますが
妊娠中で前置胎盤と診断された娘さんの
ために、アロマで何かできないかという
ご質問ですね!
もし、このような質問がきたら
どう答えますか?

 

 

気持ちをリラックスさせ、
妊婦にも害がなく、
アロマでできることが
あるでしょうか?

という、質問から安全で妊婦さんに
危険ではない精油をアドバイスしたい
という気持ちになるかと思います。

 

 

でも、
ちょっとまったー!!

 

 

見るべきところが違うんです。

 

 

まず、妊娠中という点で
普通の体とはまったく違うという
認識を持つ必要があります。

 

 

妊娠中の体は
女性ホルモンであるエストロゲン
プロゲステロンが通常の5倍以上
分泌される時期。

 

 

まず、女性の要であるホルモンバランスが
普通よりもたくさん分泌されます。

 

 

その上、7ヶ月以降になると
血液の量は通常の女性の1、25倍に増え
細胞に水分が溜め込みやすい体になるため
高血圧にもなりやすい状態になります。

妊婦

 

そんな普通の体ではないのに加え、
Y様の娘さんは前置胎盤と診断されていますね。

 

 

この状況は、私たちアロマセラピストが
アロマでケアするのを危険と
判断する状況
です。

 

 

前置胎盤というと、場所にもよりますが
胎盤が不安定でいつ、何が起きても
おかしくない
状況に陥るか、
わからない状態です。

 

 

衝撃に弱く、流産や早産になりやすいため
お腹の張りも起きやすく、張りが強い場合
すぐに入院し、絶対安静になる可能性も
あります。

 

 

アロマでケアするのは、今の状態を
悪化させる危険性があるのです。

 

 

慎重なことを言うと、妊娠初期は
安全で原液塗布可能と言われている
ラベンダーでも香りを嗅ぐだけ
通経作用があると言われています。

 

 

初期に使うと流産する可能性も
あるのです。

 

 

精油は、植物のエッセンスが
1滴0.05ccにかなり濃い濃度の
成分が凝縮されたものです。

 

 

植物は、私たち人間が
作ったものではありません。

 

 

母なる大地地球が
私たち人間と同様、作り出したものです。

ラベンダー

植物は、私たち人間に有用な働き
ずっとしてきてくれました。

 

 

ペニシリンが開発されるまで
私たち人間は、薬草を煎じて飲み
怪我をすれば葉をすりつぶし植物の
エッセンスで傷を癒してきました。

 

 

でも、植物は自分たちを害虫から
守るために様々な成分を自分で作り出す
ことをし、生き延びた生物です。

 

 

時には、
毒にもなり得るのです。

 

 

Y様。
前置胎盤の娘さんのお身体を
心配するお気持ち。

よくわかります。

 

 

でも、今は、ただ、
娘さんに栄養のある食事
無理な運動を控え、安静にすること
一番、娘さんの安全を守ることですよ。

 

 

アロマでのアプローチは
極力控えましょう。

 

 

アロマテラピーはもちろん
妊婦さんにもケアできる代替療法です。

 

 

でも、健康な妊婦さんです。

健康の基準とは
・お医者様に順調と言われ
・マタニティビクスくらいの運動を認めてもらっている
経過順調な妊婦さんのことです。

・妊娠中毒症
・妊娠時糖尿病
・前置胎盤
・さかご
・双胎妊娠

これら、なんらかの
リスクのある妊婦さんに
アロマテラピーでのケアを積極的に
するのは極力控えましょうね☆

 

 

ぜひ、参考にしてください☆

 

[adrotate banner=”3″]

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる