精油単体で見ないで!用法、用量守れば禁忌なしっていったいどういう意味なの?

さて、アロマセルフケアレッスン

8月7日(日)セミナー募集開始

近づいてまいりました。

 

7月4日募集開始ですよ!!

 

8月こそは予約枠を確保してくださいね!

 

さて、その前に、7月3日に参加される

参加者様の滑り込み申し込みで

千葉から名古屋まで

およそ380キロを越え

ご参加くださる参加者様がいると

お伝えしました!

=======

ハンドトリートメントに申し込み
しました、Mです。

千葉より参加予定で、
土地不案内の為どうぞよろしく
お願いいたします。

=======

7月3日開催の募集開始から

わずか1週間千葉県から参加する

ことを決意し、締め切り間近で

滑り込みでお申し込みできたって

すごいですよね!!

 

それだけ、このセミナーに関する

知識量の重要性を感じ、交通費が

かかっても学ぶ必要があると

感じてくださる参加者様がいると

いうことです。

 

本当に感謝でいっぱいです。

 

そして、M様。

安心してください。

 

内容は思っていた以上の

想像を超えた内容をお伝えします。

 

ぜったいに満足すると

お約束します。

 

学ばないと損と思って

積極的にご予約枠確保を

してくださいね。

 

さて、本日のメール講座は

精油単体で見ないで!用法、用量守れば禁忌なしっていったいどういう意味なの?

 

精油って禁忌事項があることを

ご存知ですか?

 

例えばローズマリーは

 

高血圧の人は使ってはいけない

とか。

 

ティツリーは敏感肌に注意とか。

 

これらの禁忌のせいで、私たち

アロマセラピストは使えないと

判断してきた精油が何本あるか

わかりません。

 

「この症状にはローズマリーがいいのに。

このクライアントは高血圧だから使えない」

 

この判断をどれだけしてきたか。

 

確かに禁忌事項はアロマセラピストなら

重要事項です。

 

正統派のアロマセラピストなら

もちろん、そう判断するものです。

 

でも、実はケモタイプの精油

に対しては、ある使い方をすることで

「用法容量を守れば禁忌なし」

になるってご存知ですか?

「えー!!」

「そんなこと言っていいの?」

「大島先生、大丈夫?」

という声が聞こえてきそうです(笑)

 

そうなんです。

石井のり子先生は、そういって

私大島に目から鱗の情報

お話ししてきたんです。

 

石井のり子先生はこう言います。

「大島先生の言うことは正統派のセラピスト

なら当然のこと。

当然禁忌を重要視するよね?

でも、ちょっと見方、捉え方

角度を変えると精油は

用法容量まもれば禁忌なしになるのよ」

 

私大島はこの事実を

どう整理すればいいか初めは

わかりませんでした。

 

私大島も、頭が固いんですね。

今まで精油成分を学び、成分で禁忌を

判断してきた私は、この成分

及ぼす影響ばかり考えて判断していたんです。

 

でも、今は、成分より

アロマの本当に重要視する部分を理解

することによって、本当に

用法容量を守れば禁忌なしの意味を

理解することができましたよ。

「ああ、アロマって素晴らしい」

これが私の感想です。

 

石井のり子先生に出会い、どんどん

アロマの魅力にはまっていきます。

 

もう、セミナーに来ないのは

チャンスを自ら逃していると言っても

過言ではありません。

 

このセミナー。

いつか、募集とかしなくなる可能性も

あるかもしれないくらい

貴重なセミナーなのです。

 

認知されればされるほど

予約枠確保ができなくなる

喉から手が出るほど欲しい知識が

満載のセミナーなんです。

 

アロマを9年学んだ私が

感動し、眠れないほど興奮する内容

のアロマセルフケアレッスン。

 

ぜひ、8月こそは

予約枠を確保してください。

 

こんなにすごい内容のセミナーは

見たことも聞いたこともありません。

 

絶対に参加すべきです。

どこにもないアロマの知識

学びたかったらぜひご予約くださいね!

 

セミナー募集開始は7月4日(月)です。

次回こそは

お会いできるを私大島は信じていますよ☆

 

ぜひ、積極的にご参加くださいね!

 

お会いできるのを楽しみにしています。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる