アロマは女性の子宮の不調を緩和する

アロマは女性の味方☆
子宮の不調がアロマで和らぐ!

子宮の不調・・・。
と考えてみて思いつくことがありますか?

 

実は子宮は沈黙の臓器。

 

表面に意思表示をすることが
ほとんど無い臓器です。

 

でも、女性にしかない、女性だけの
大切な臓器でもあります。

 

現代の女性は、
食やライフスタイルの
欧米化から、この女性の要である
子宮が危険な状態の人が多いのです。

 

子宮の意思表示のひとつとして
生理痛があります。

 

毎月、女性に生まれ
第2次成長を向かえ初潮を

経験してから 今の女性の

一生で経験する生理の回数は
およそ400回から500回

 

明治時代に比べておよそ

10倍の生理回数を
経験するのです。

s_Fotolia_40471281_XS

 

 

 

 

 

 

 

沈黙の臓器の子宮も

危険にさらされているシグナルのひとつ
として、生理痛を引き起こし
不調に気づいてもらおうとしています。

でも、それすら現代の女性は
無視してしまう。

 

そのことで、生理痛が

ひどくなり お薬を飲んで

ごまかす女性が増えています。

 

生理痛は子宮からのメッセージ。

危険な状態だよと発してくれている
のです。

 

そういわれても婦人科にいきたくない。

そういう気持ちは良くわかります。

 

では、自分でケアして
和らげることはできないのか。

 

アロマのセルフケアで生理痛を

緩和することができます。

アロマは植物の天然のエッセンス。

植物は、私たちの体と密接に
関係しています。

 

どういうことかというと
植物の姿や部分が私たちの体の
ほしいものを補充してくれる
というようなことなのです。

 

たとえるなら、
花=植物の生殖器官。

そのため、花の精油には
ホルモンバランスを整える作用や
女性ホルモンに似た作用を持つ
成分が含まれています。

 

これらを使って、私たち女性の
生殖器にアプローチし、
痛みを緩和できたり、症状を和らげたり
できるのです。

 

もし、あなたが
生理痛で毎月苦しい思いをしているのなら
ぜひ、生理痛緩和方法テキストを読んで
生理痛がおきるメカニズムを
勉強してくださいね!

 

関連記事

ページ上部へ戻る