むくみと塩分、血中のナトリウムの関係

体の水分量が増えることで
結果的に心臓に負担をかける?

 

浮腫みが心臓に負担かかかる?

あまり関連性がないように思いますよね?

どうして、むくむせいで

心臓に負担がかかるのかというと

体の中に余分な水分が多いと

血管の中にもナトリウム(塩分)

が多いということ。

血管の中に塩分が多いと

血中に水分が引っ張られてしまうのです。

そうなると心臓はたくさんの血液を

回さなければいけなくなり

負担がかかってしまうのです。

心臓にたくさんの血液が

毎回集まるわけですから

心臓はいつもフル回転、

エネルギー全開で動かなければいけない。

ということになるんですね♪

アロマでむくみを改善に導きましょう

むくみに有用な精油は

ジュニパー、サイプレス、グレープフルーツなどです。

利尿作用がある精油なので

余分な水分を外に排出してくれますよ♪

むくみは見た目も、心臓にも

悪いこと。

解消して内側から美しくなってくださいね☆

 

関連記事

ページ上部へ戻る