妊娠から産後までのホルモンバランスの変化について

産後のメンタルの弱さはすべてホルモンのせい?
妊娠から出産までのホルモンの変化とは?

妊娠・出産・産後と女性の人生
の中で一番ホルモンバランスが
変化するといわれている時期。

女性にとって一番体の負担が
かかりやすい時期のため、
この時期がきっかけで、
うつ状態になり元に戻らない
人も少なくありません。

通常、女性ホルモンと黄体ホルモンが
変化してホルモンバランスを
保っていますが妊娠すると6種類の
ホルモンが出て、しかも、女性ホルモンは
約100倍、黄体ホルモンは25倍
分泌されるといわれています。

これだけ沢山のホルモンが出ている妊娠期
を終えて出産すると、出産した日から
女性ホルモン、黄体ホルモンの分泌
が一気に減少するのです。

女性ホルモンと黄体ホルモンの
ことだけを見ても大きな変動がある事
をお分かりいただけたでしょうか。

この大きな変動に女性の体が
ついていかず、心と体の大きな不調の原因
となってあらわれるのです。

アロマでホルモンバランスを整えましょう。

女性ホルモンが減少したからといって、
女性ホルモン様作用のある精油を
すぐに使うのはホルモンバランスを
崩す原因になります。

減少するにはワケがある。

そのため、女性ホルモンを補充するの
は控えた方がよいでしょう。

使う精油は嗅覚によるホルモンバランス
を整える精油です。

ゼラニウム・ローズなどをブレンドした
植物オイルでトリートメントがお勧めです。

これらの精油はむくみにも効果的なので
産後のむくみ対策にもなり、
心身ともにバランスを整えてくれますよ♪

是非、参考にしてくださいね☆

関連記事

ページ上部へ戻る