微弱陣痛に効果的な精油

出産を促進する精油には特徴がある?
微弱陣痛に使ってはいけない精油とは?

アロマの精油には出産を促進する精油がありますが、
出産が進まない原因はすべておなじなのでしょうか。

出産が進まない原因はいくつかあります。

病院で処置しないと母体が危険にさらされる場合がありますので、
おかしいと感じたらすぐ病院に連絡しましょう。

母体や胎児が安全で、普通分娩ができる状態で、
出産が進まない原因は、大きく分けてふたつ考えられます。

1、陣痛がなかなか強くならないで、ダラダラ続く微弱陣痛。

2、強い陣痛が、短い感覚で襲い、緊張して体が固くなることで出産が進まない。

この、ふたつの原因に対してアロマは出産を
促しスムーズに促進することを手助けすることが出来ます。

今日は、微弱陣痛。

微弱陣痛の場合、使ってはいけない精油が
『鎮静、鎮痙作用のある精油』です。

主に強いエストロゲン様作用のある精油には、
鎮静、鎮痙作用があるため、
使うことによって微弱陣痛の人は、
陣痛が収まってしまうことがあります。

そのため、使ってはいけません。

微弱陣痛の人が陣痛を促進したい場合は、
パルマローザやクローブが有用です。

子宮の収縮を促し、微弱陣痛に効果的です♪

あと、長い陣痛に心がおれそうになることも多いので、
オレンジやベルガモットのような明るく前向きにして
くれる心の作用がある精油を使うと、
出産に対して前向きに取り組めますよ♪

出産間近の妊婦さん☆

辛いときは、ゆっくりリラックスして、
心穏やかに、赤ちゃんが出てくるのを待ちましょう!

きっと、赤ちゃんは、出てくる日を決めてるはず☆

可愛い赤ちゃんに会えるのもあと少し☆

頑張って下さいね(*^^*)

是非参考にしてくださいね☆

 

[adrotate banner=”6″]

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる