目から鱗!誰でも一瞬で生活習慣病を予防する方法とは?

体の仕組みを理解すると、対処法が見えてくる!誰でも簡単にアロマで生活習慣病を予防する方法とは?

 

 

先日、私のビジネスの師匠
のウォーリーランチ会に参加
してきました。

 

IMG_2113.jpg

ウォーリーランチ会とは
赤白ボーダーを参加者全員で着て
起業家同士の交流を図る会のこと

 

私は誘われたので参加して
見ようかなと思って軽く
参加したのですが

 

実は、アロマ心理学で
フルーティーのレモンの私は
基本的に人と群れるのが好きでは
なくて、

 

交流会などはほとんど
出たことがありません。

 

私の生徒にもレモンが
いるのですが、彼女も
人脈を広げる活動が苦手
言っていたので

 

きっと、レモンタイプが
そうなのでしょう。

 

ぶっちゃけ何にも期待していなかった
のですが、アロマ心理学って
すごいですね!

 

私の名刺にはアロマ心理学の
説明が裏に記載されている
ので、そちらを見せて
今現在の活動を説明していたら

 

ご挨拶した10名中なんと
2名からアロマ心理学診断
受けたいとお申し込み
あったんです。
(参加者は23名いました)

 

アロマテラピーって狭い世界
なので、サロンをやっていた時も
ほとんど交流会で成果を得る
ことなんてなかったのですが

 

やはり、アロマ心理学診断から
自分にぴったりな香りをアロマで
作成できるというこの仕組みは

 

紹介しやすく提供しやすい
そんな仕組みであることを
感じました。

 

嬉しいですね!

 

この成果を元に生徒にも
活動の幅が広がるように
事例をお伝えし、役立てて
いきたいと思います。

 

そんなアロマの香りに注目して
活動している私ですが

 

昨日お伝えしたメルマガで
脂肪肝はアロマトリートメント
じゃないと緩和できないと
お伝えしたばかりです。

 

「ほら、やっぱりアロマは
トリートメントなんじゃない?」

と思われたかもしれません。

 

もちろん、トリートメントを
否定しているわけではない
ですが

 

最近の私はアロマフレグランス
にばかり力を入れていて

 

トリートメントのことを
テーマに出すことが少なかった
と思います。

 

でも、一つだけ
理解いただきたいことがあります。

 

脂肪肝など体の状態を
良い方向へと導くようなケアは
本当は、私たちアロマセラピスト
がやることではないということです。

 

私たちは代替療法を提供している
セラピストで、医療従事者では
ありません。

 

そのため、あまりにも
サロンで効果効能を唄う表現
それを求められることは

アロマセラピストである以上
とても辛い現状です。

 

私も生体解剖学や精油の成分
効果効能や体の臓器の仕組みなど

 

たくさん学んでますが
その知識をクライアントに
役立てられればいいと思う反面

 

私を頼り、私の意見で
クライアントの努力まで奪うことは
できないとそう思うのです。

 

では、私大島は
クライアントに脂肪肝を
予防する方法をどのように
お伝えしているのでしょうか。

 

まず、脂肪肝は名の通り
脂肪が肝臓についてしまった
状態ですので

 

体も脂肪がついている

そう、太っている人が
多くなる病気です。

 

そのためダイエット
とても重要です。

 

私のクライアントの例ですが
春から夏にかけては
暖かいし日も長いので

 

よく職場まで20分くらい
歩いて行っていたそうです

 

でも、冬になると日も短く
寒いので歩かなくなり

 

それによって脂肪肝が酷くなる
ことを繰り返していました。

 

まずは運動して体重を減らす
ことです。

 

ただ、閉経を迎えた女性は
中性脂肪がつきやすい状態
なので、痩せにくいです。

 

そのためアロマトリートメントで
老廃物を取り除き血行をよくして
血液循環を促進することで

 

痩せやすい体を作る
手助けをしていたんですね!

 

そして、中性脂肪がつきやすい
原因にもエストロゲン
関係しています。

 

閉経後の女性はLDLコレステロール
が高くなります。

 

LDLコレステロール(悪玉)
は性成熟期に血中に多く
含まれていると、エストロゲンが
肝臓に一旦休ませ、血中に
LDLコレステロールが多く分泌
されないように働きかけます。

 

でも、閉経後はエストロゲン
の値がかなり下がるため
エストロゲンが働かず
多く血中にLDLコレステロール
が溢れてしまうのです。

 

それによって血管に
LDLコレステロールがこびりつき
血管内が細くなる
動脈硬化に繋がります。

 

LDLコレステロールが高く
なると高脂血症になるため
肥満へと繋がります。

 

しかも、エストロゲンが減少する
と、肝臓がエストロゲンの働きを
カバーしようとして肝臓にも
負担になります。

 

それによって、血液はドロドロで
脂肪たっぷりのものが肝臓に
流れてくるため、それを溜め込み
脂肪肝になるんですね。

 

血液がドロドロだと、それが心臓の
血管を通り、脳の血管を通ります。

 

ドロドロの血液が心臓で梗塞を
惹き起こせば心筋梗塞

 

脳で梗塞を起こせば
脳梗塞へと繋がるため

 

エストロゲンが減少するという
ことは女性の体に様々な
不調を及ぼすことが理解
できると思います。

 

では、アロマでエストロゲンを
補充するのに、適しているのは
どの対処法でしょう。

 

1、月に2回のアロマトリートメント
2、毎日4プッシュのアロマフレグランス

 

さて、アロマでエストロゲンを補い
生活習慣病を予防する対処法として
どちらが適しているのでしょうか。

 

次回、お伝えしますね!

 

お楽しみに!

 

関連記事

ページ上部へ戻る
d
c