【質問回答】寒くなって咳やアレルギー鼻炎に悩まされています。

どんどん寒くなる秋。乾燥する呼吸器をケアする対策、アロマでできますか?

 

すっかりになりましたね!

 

朝晩の寒暖差が激しい11月。
秋特有のアレルギーに悩まれて
いる方も多いと思います。

 

そんな秋の対策を知りたいと
メルマガ読者様から
ご質問をいただきましたので
シェアさせていただきますね。


メルマガ読者様 K.M様

娘が寒くなって咳やアレルギー鼻炎
に悩まされています
ユーカリラディエーター、
ティーツリー、ペパーミントに
柑橘系をブレンドして
エアーフレッシュナーを作りましたが、
例えば加湿器の水にオイルと
無水アルコールをブレンドしたものを
入れるという方法は大丈夫なものでしょうか?

それだとアロマデフューザーしか
ダメだとかありましたら
教えていただきたいのです


K様、ご質問ありがとうございました。

 

秋は呼吸器が乾燥する時期
ティツリーやユーカリなどの
葉の精油を使用して
エアフレッシュナーを作成する
のはとてもいいことですね。

これらの葉の精油には
抗ウイルス作用があるの
ですが葉の精油の嬉しい作用は
子供にも使用できる優しい精油
が多いということ。

 

特にユーカリ・ラジアタや
ティーツリーなどの精油は
香りもすっきり爽やかで
頭脳明晰作用があるため

子供の呼吸器を守りながら
勉学に取り組ませるのにも
役立つママの味方です。

 

K様のように
エアフレッシュナーにして
使用するのが私の1番のおすすめですが・・・。

 

1つ、ご質問の中にある
無水エタノールと精製水
と精油で使用したエアフレッシュナーを

 

加湿器の水にオイルと
無水アルコールをブレンドしたものを
入れるという方法は大丈夫なものでしょうか?

 

この方法はおすすめしません。

 

さて、なぜ
エアフレッシュナーを
加湿器に入れてはいけないのでしょうか。

 

ここで重要なのが
精油を運ぶキャリアの存在です。

 

アロマテラピーで使用する精油は
キャリアという精油を運ぶ役割
のあるオイルやアルコール
を使用します。

 

なぜキャリアを使用するかと
いうと、精油はハーブティーの
100倍濃度の濃いエッセンス
なので、そのまま人体に使用する
濃度が濃すぎて体に大きく影響を
与えるからです。

 

キャリアにブレンドすると
精油自体がキャリアによって
薄められ、私たちが自然界で
嗅ぐ植物の香りに近い状態に
戻すことができ

 

安全にアロマテラピーを
楽しむことができるようになります。

 

でも加湿器には
水と精油のみ使用
書かれています。

 

通常、精油は油、水には
溶けないため、キャリアと
しては役目を果たせないのですが

 

アロマの香りを拡散する
のに使用するには温かい
水であることがとても重要です。

 

加湿器は水を高温に温め、
水蒸気にすることで
空気中の湿度を高めることが
目的ですが、

 

そこにアロマを入れることで
精油の分子を温かい水蒸気と
ともに拡散させるキャリア
役割を果たしているんですね。

 

 

加湿器自体がキャリアに
なるのがアロマ加湿器なので
アルコールやオイルは必要
ありません。

 

逆にアルコールやオイルなど
水と精油以外を入れると
故障する可能性があります。

 

そのため、作成したエアフレッシュナー
加湿器に入れてはいけません。

 

アロマ加湿器にはアロマだけ
精油だけを入れて拡散しましょう。

 

そして、エアフレッシュナーは
ユーカリやレモン、ティーツリーなど
呼吸器に有用な精油で作成
したのなら

 

ぜひ、お出かけの際に
マスクにシュッと1プッシュして
香りを呼吸器に入れることを
目的として使用しましょう。

 

空気中に拡散している精油
をウイルス撃退する目的で拡散するには
かなり強い濃度で拡散しないと
体内に取り込むことはできない
と言われています。

 

部屋の広さでも空気中の精油の
濃度は違ってきますし
拡散している場所にどのくらい
の時間滞在していたかも関係して
きますが

 

マスクにシュッとするのなら
自分の呼吸器に最も近い
場所で精油を直接取り込むこと
ができ

 

しかも精油をたくさん使用
しなくても呼吸器ケアをする
ことができます。

 

アロマテラピーをより安全に
効率よくこの冬のウイルス対策に
使用してくださいね。

 

アロマ心理学攻略ガイド      

関連記事

ページ上部へ戻る
d
c