秋の乾燥を吹き飛ばす!今嗅ぎたい旬のアロマとは?

気管支炎、鼻炎、花粉症、咳、痰。秋の乾燥対策として嗅ぎたいアロマとは?

 

こんばんは
大島鶴枝です。

 

すっかりになりましたね!

 

今年の夏はとても暑かったので
涼しくなって気持ちも少し
ホッとしていると思うのですが

 

季節が移り変わるとそれぞれの
お悩みも変わってくるようで

 

最近、クライアントから
秋の呼吸器対策やメンタル対策
よく聞かれるようになってきました。

 

暑い夏、太陽の日差しをガンガンに
浴びて、体の気血水の流れも活発な
時期から一転

 

雨や台風が多くなり日差しの
弱さを感じる日々がやってくると

 

気になるのが、呼吸器系の症状。

 

秋になるとブタクサやキク科
アレルギーを発症する人や

 

朝晩の気温の変化による
寒冷アレルギーで鼻炎の症状が
酷くなる方も

 

多いのではないでしょうか。

 

ちなみに私大島も
寒冷アレルギーを持っていて
この時期ならではの鼻炎に
悩まされている一人です。

 

暑すぎる夏が終わっても
それぞれの季節のお悩みは
変わらずやってくる

 

それを理解して初めて
予防的な対策ができるのでは
ないかと思います。

 

秋の呼吸器系のお悩みを
解消すべく、アロマの香りを
ぜひ、嗅ぎましょう。

 

では、この秋の乾燥から
身を守る精油とはどんな
精油なのでしょうか。

 

呼吸器と言えば少しアロマを
学んだことがある人は
この精油を思い出すのではないでしょうか。

 

その精油とは
ユーカリ・ラジアタです。

medium.jpg

 

そう、コアラが食べるユーカリです。

 

実は、コアラって
ユーカリだけしか口にしない
ってご存知でしたか?

 

ユーカリのみに含まれる
水分だけで栄養と水分補給まで
行えるコアラも凄いですが

 

それだけユーカリにはたくさんの
水分が含まれているという
ことなのです。

 

私たちの呼吸器は、肺を含め
乾燥に弱い器官です。

 

ユーカリの精油に含まれる
1.8シネオールという成分は
あらゆる呼吸器系のお悩み

咳、去痰、気管支炎、喘息
に有用な成分です。

 

ケモタイプ精油のユーカリには
ユーカリ・ラジアタ
ユーカリ・グロブルス
ユーカリ・レモン
と種類がありますが

 

子供にも使用でき、最も
優しく呼吸器に有用なのは
ユーカリ・ラジアタです。

 

このユーカリ・ラジアタを
マグカップにお湯を入れて
1滴垂らすだけで

 

蒸気とともに精油が拡散する
簡易ディフューザーの出来上がり

 

ユーカリの香りがお部屋全体に
行き渡り、自然と辛い呼吸器を
ケアしてくれます。

 

朝に鼻炎でお悩みなら
ユーカリ・ラジアタと
レモンをブレンドした
スプレーをマスクにシュッと
してお出かけしましょう。

 

一旦、呼吸器にユーカリの成分がつくと、
乾燥から飛び交うウイルス
喉につくのを予防してくれます。

 

この季節の乾燥からくる
様々な呼吸器のお悩みに
ぜひ、一度使ってみてくださいね!

 

関連記事

ページ上部へ戻る