男たちが山のようにやってくる!?ある島で行われていた媚薬効果とは?

香りにつられてやってくる!男たちの性欲を掻き立てる香りの効果とは?
こんにちは。
大島鶴枝です。

 

アロマ=媚薬の効果
を歴史とともに解説
しています。

 

本日は
ある島で行われた芳香療法で
香りにつられて男たちが山ほど
寄ってくるという夢のような話
をしたいと思います。

 

女性なら、異性に綺麗だねとか
可愛いねとか。

 

そう想われたいと思うのが普通だと
思いますが、この話は、外見ではなく
香りで山ほど男性が寄ってきたという
話です。

 

ある島とは
ミクロネシアの小島ナウル

東西約 3000kmにわたって
2000をこえる火山島サンゴ礁
点在する美しい島で

800px-Aerial_view_limestone_islands_palau1971.jpg

ミクロネシア西部のマリアナ諸島
に、今から3500年前頃から人が
移住し、住み始める前は無人島だった島です。

 

土器や石器、貝製装飾貝類をつくり、
サンゴ島内での漁労などを行い
暮らしはじめ、島に人が住むように
なったと言われています。

 

ナウルの女性たちは、良い香りの花
ココナッツオイルをブレンドしたもの
体に擦り込み、芳香植物をブレンドした
生薬を飲んでいました。

 

すると、何日も身体の内側から
男性が好む女性特有の良い香り
醸し出し、男性を翻弄した
言われているのです。

 

それこそ、山のように
男性が女性に言い寄ってくる

催淫作用のある異性を翻弄する
香りだったのです。

shutterstock_112450166.jpg

今でも、は◯な愛さんが
飲用しているバラの香りが
身体から香るサプリなども
話題になりました。

 

でも、このナウルの話では
植物天然100%の芳香植物
でも、異性を翻弄する香りを内側から
醸し出すことができるという
ことが立証されているのです。

 

科学的に証明されていなくても
私たち女性は潜在的に異性
魅了する方法を探る本能があります。

 

その本能で香りという
手段を使い男性をムラムラさせ
射止めていたなんて話を聞くと
今の現代女性は頭が上がりませんね。

 

もしかすると
現代の男性の草食化
現代女性のテクニック不足
から引き起こされている可能性
もあります。

 

様々な婚活サイトでは
女性は見た目が70%以上!
なんて言われていますが。

 

実は、そうではなく
女は愛嬌と言われるくらい
笑顔と色気と恋愛戦術
容姿なんてカモフラージュ
できるのかもしれません。

 

持って生まれた外見ばかりに
目を向けず、いっそ、異性を
虜にする媚薬テクニック
学んだ方が、異性が寄ってくる
可能性がある。

 

そう思うとナウルの人が飲んでいた
生薬が気になりますね!

 

体内から媚薬の香りを放つという
のは今の現代で、科学的に立証されて
いないのでそれらの商品や作り方
は知られていません。

 

でも、アロマの香りなら、
男性を翻弄する媚薬の役目を果たす
香りは沢山あります。

 

イランイラン、ジャスミン、ローズ
などの代表的な香りや、古代ヨーロッパ
などで使われていた麝香など。

 

今の人工香水には動物性香料も
使われていますから、媚薬と評したかおりを
身につけることはできますが・・。

 

そんな媚薬効果のアロマ
をいくらつけても、その人のイメージに
合った香りでないとその香りは
自分のイメージをも損ねかねない
ものになる可能性もあります。

 

自分にぴったりの香りであり
心を癒し、励まし続ける香り
媚薬効果のアロマを合わせて作成する
アロマ香水こそ、

イメージを損ねず
自分にぴったりの香りで
男性を
翻弄する香り

そんな香りを導き出す方法こそが
アロマ心理学なのです!

アロマジェネラル

アロマは植物のあらゆる場所から抽出します。
その抽出部位ごとに、精油には
効果効能があり、共通する部分があることを
理解し、そこから人を9種類に分けた
のがアロマ心理学です。

 

自分を癒す香りは自分の
アロマジェネラル(抽出部位)
がたくさん入ったアロマ香水を身につける
必要があります。

 

例えば、フローラル(花)
アロマジェネラルの人は、

・華やかな見た目
・セクシーな外見
・色ぽい口調
の人です。

 

そんなフローラルにある香りは
セクシーな見た目をより華やかにさせる
フローラル調の香りがよく似合います。

 

そして、フローラルの女性の心を癒す
香りもまた、優しい気持ちにさせる
花の香りなのです。

 

本来、香りは自分の心を癒し励ます
ために身につけるものです。

 

紀元前3000年前からアロマテラピーは
人々の不安や悲しみを取り除き、心を
穏やかに鎮静させる効果をもたらしてきました。

shutterstock_112450166.jpg

アロマ心理学で導いた香りは自分の
アロマジェネラルを理解し、自分の心を
癒し励ますだけではなく、自分の外見
イメージにぴったり合った香りである
とも言えます。

 

アロマ心理学では外見に見合わない
香りをつけるということは一切ありません。

 

例えばフローラル(花)の人は
華やか、セクシー、
色っぽい外見の人

だからこそ、フローラル調の華やかな
香りがぴったり似合うわけなのです。

 

香りを身につけるのは身だしなみの
一つですが、決して他の人に迷惑を
かける香りはつけてはいけません。

 

男性を翻弄する香りといっても
あからさまに自分に見合わない
香りをつけている方が男性は
引いてしまう可能性もあります。

 

ミクロネシア島の女性のように
体の内側から放つ香りは自分の体臭と
媚薬効果を掛け合わせた香り。

 

私たち現代人は体内の香りが薄い。
それは毎日の入浴や手洗い、綺麗にしすぎる
傾向からです。

 

そのため、実際は体内から
媚薬効果をもたらす

香りを放つのは困難です。

 

それならアロマ心理学診断を行い
自分を癒す、自分にぴったり合った
香り(アロマ)に媚薬効果のアロマをプラス
することでイメージを損なわず
男性を翻弄するアロマ香水を身にまとう
方法が一番魅力を引き出すと言えるのではないでしょうか。

 

香りを嗅いで人に良い印象を与え
そして、その香りで自分を癒し続ける
アロマ香水。

フレグランスオーブ長月の雫

アロマ心理学を提供する
アロマ芳香心理アドバイザー
はそんなクライアントの心を癒し続ける香り
提供しています!

 

アロマ心理学芳香心理アドバイザー
が全国で活躍中。

 

興味のある方は、アロマ心理学攻略ガイド
をダウンロードし、お読みくださいね!

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る