睡眠障害を抱えた人の人口とは?

眠れない夜はラベンダーだった自分から、アロマ香水に変わるブレンドとは?

睡眠に対して。
お悩みってお持ちですか?

 

前回の調香セミナーで生徒さんに
睡眠について。

 

お聞きしたら、一人の生徒さんが
「私はおやすみ3秒です」
と答えてくれました 笑

IMG_0692.JPG

 

なかなか、自分が寝れている状態で
睡眠ブレンドといってもピンとこない
かもしれませんが、実は、こんな
データがあります。

 

実は、年齢問わず、
眠れないとお悩みの方の割合は
21.4%
(健康・体力づくり事業財団という財団法人調べ)

 

日本の人口を1億人とするなら
約2000人が眠れないことに
悩んでいるのです。

 

これって人ごとではないと思いませんか?

 

実は、不眠症は、あらゆる
メンタル疾患の元凶であり、
人の心を壊していく怖い病気なのです。

 

もし、ご自身が
眠れないことに悩んでいなくても
クライアントや友人、家族
中には、眠れない夜に苦しむ人
多くいらっしゃるのだと思います。

 

では、睡眠不足で悩みを抱えた人に
アロマでアドバイスをするとしたら・・・。

 

今思いつく限りで、睡眠
有用な精油ってどれだけ
思い浮かびますか?

 

基本的にアロマを少しお勉強
したことがあるのなら。

 

眠れない夜にはラベンダー
が常識ですよね?

 

私も、ずっとラベンダー
眠りを促進してきました。

 

眠れないというお悩みには
いくつかパターンがありますが
私の眠れないというお悩みは
心臓がドキドキして眠れない
という原因がはっきりしたものでした。

 

そのため、副交感神経を優位にし
心拍数を抑えるラベンダーが
効果があったんですね。

 

でも、
眠れないとお悩みの方って
ラベンダーで眠れる人ばかり
なのでしょうか。

 

いいえ。ラベンダーで眠れる
人なんて、それは睡眠障害では
ない軽度も軽度の人です。

 

睡眠といっても
・寝つきが悪い
・熟睡できない
・寝てないのに早く目がさめる
これらの違ったお悩みがあるのです。

 

それらの原因に対して、アロマでは
それぞれ違った精油とアプローチをします。

例えば寝付けないなら眠る前に
行う入眠儀式をアロマの香りを使って
行うことで眠りを促進したり・・・。

 

熟睡できないなら、体のある部分
アロマを塗布することによって
熟睡できるようになるなど。

 

その場で速攻でできるケア
アロマでの対策法になります。

 

でも、良質な睡眠を促進したいという願い。
約2割の人が真剣に睡眠に対して
悩み苦しみ、なんとか眠れるようになりたいと
望んでいたとしても。

アロマだけのアプローチでは
その場しのぎの解決法になる可能性があり
体質改善まではできません。

 

日本ではフランスのメディカルアロマの
ように内服は基本的にはできません。

 

内服できない以上、体質まで
変えることは困難。

 

日本のアロマテラピーは対処方法でしか
ありません。

 

やはり睡眠不足の原因を見つけ
体質改善をするのなら、基本的な
生活習慣を変える必要があるのです。

 

ぜひ、中医学から紐解く
睡眠不足対策ケアガイドをダウンロードして
・なぜ、睡眠不足になるのか
・季節によって起きる3つの睡眠障害
・アロマでの対策法
を学んでください。

 

きっと、良質な睡眠に導いてくれますよ。

▼▼ダウンロードはこちらから▼▼

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る