【中医学とアロマ】アロマで気を補うことができる理由とは?

fragrance oobu調香

どれだけ辛くても香りを嗅げば元気になれる!アロマの香りが気を補う理由とは?

 

こんにちは
アロマ芳香心理アドバイザー
大島鶴枝です

 

春は肝が弱くなる時期。
肝の働きが弱くなるとイライラや
情緒不安定な心になる。

 

中医学でいう陰陽五行説の思想から
そのように言われています。

 

イライラを緩和する方法の一つ
としてストレスを軽減させ気の
巡りを良くする運動をお勧めしましたが
20170221153232.jpg

 

運動することができるのは
極めて健康に近い人で、辛い
症状を抱えている人にとっては
ネガティブな感情や体を抱え
行動するということ自体、
ストレスになるとお伝えしました。

 

では、いったいどうしたら
この春のイライラや情緒不安定
緩和することができるのでしょうか。

 

それがアロマの香りです。

Fotolia_57781743_XS.jpg

 

香りを嗅ぐという行為で
一瞬でイライラとした感情から
気分を変え前向きな心にすること
ができたら、行動できない人の
心の悩みを緩和することができる
のではないでしょうか。

 

実は、アロマには
気を補う効果があると
そう感じているのです。

 

いったい気を補うとは
どういうことなのでしょうか。

 

アロマの香りは生体解剖学的にも
鼻から脳へと伝わり、人の感情に
アプローチするということが立証
されています。

 

精油は、呼吸をしただけで
肺の肺胞に取り込み、血管に入り
血液の中を循環します。

 

これはアロマを学んだ人なら
知っていることかと思いますが。

 

少し見方を変えて考えて欲しいのです。

 

人は、食事をとり、その栄養を
血液を体が循環することで皮膚や様々な
臓器、器官に送り生命を維持しています。

 

結局、体内に食物が入れば分解され
栄養として全身を巡ることで
健康で生きていられますよね?

 

これって皮膚から、呼吸器からの
体内への吸収だって
そう考えられませんか?

 

精油は呼吸をしたら、肺に精油成分が
取り込まれ、血管に入り血液を通して
成分が全身を巡ります。

 

例えばレモンなら
血液をサラサラにする効果があると
成分の分析で分かっているわけですが
これはレモンの芳香成分が血液の
中に入るため血液がサラサラになるのです。

 

これって血液をサラサラにする
食材で知られる「たまねぎ」
同じだと思いませんか?

 

もちろん、呼吸器に入る精油の量は
微量ですから、レモンの精油を少し
嗅いで急激に血液がサラサラになる
わけではありません。

 

これもたまねぎを毎日食べる人と
そうでない人がいるように、体内
吸収する量によっての違いがある
かと思います。

 

 

でも植物のエッセンスは、確かに
体内に入り、私たち人間の体の
栄養になり一部になって
健康を維持する役目を担って
くれます。

 

 

精油は口からは取り込みませんが
肺や皮膚から鼻から精油成分
吸収されます。

 

ということは、
気血水を整える役目
してくれる食材と同じなのです。

 

よく考えればレモンやオレンジ
通常食べられない皮の部分を圧搾
することで精油を抽出します。

 

ローズマリーやバジルなどは
ハーブとして食卓に出たりする
植物です。

 

精油は私たちが食べ物として
口にする植物から抽出されている
わけで、食べれない部分の栄養を
呼吸器や皮膚、鼻から香りとして
取り込むことで栄養を取り込んでいるのです。

 

そう、中医薬膳は食材で
気血水を整えること
行いますが中医アロマは
精油で気血水を整えるの
です。

 

そして、精油のすごいところは
鼻から精油成分が脳へ行き届き
ホルモンバランスを整える脳下垂体や
自律神経を整える視床下部へと
影響を与えるところです。

 

香りを嗅ぐことで私たち人間の
思考を切り替え前向きで健康的な
思考へと変化させてくれるのです。

 

しかも即効性があります。

 

その場で香りを嗅げば
一瞬で気分を切り替えることが
できる

1480484806572.jpg

それがアロマなのです。

 

アロマは気を補うだけでなく
体内に入れば血も水
補ってくれます。

 

それを立証するかのように
アロマトリートメントを行うと
体内の水分が増えます。

 

血と水が増えて循環が
良くなっている証拠なのです。

 

毎日アロマトリートメントは難しいですが
香りを嗅ぐことだけなら、毎日でもできます。

 

動けない春に動かなくていい。

イライラがひどく自律神経が
乱れ、頭痛や肩こりがひどく
なって
いる体で運動しなくていい。

 

ただ、その場で香りを嗅ぐだけ
でいいのです

E887ADE38184E38292E3818BE38190E5A5B3E680A7.jpg

ただし、アロマの中でも
この春のイライラに効果的な精油が
あります。

 

続きは中医学の食材と合わせて
メルマガで解説していきますね!

 

関連記事

ページ上部へ戻る
d
c