妊婦さんのボディクリームは植物オイルが良い理由

デコルテ周辺のアロマトリートメント

【妊娠中に胸が張ってしまった妊婦さんへのアドバイスとは】

子宮から生まれる悩みをアロマで解決する
ローズメッセージアロマセラピスト大島鶴枝です。

妊娠中って胸も発育するってご存知ですか?

出産後だけではなく、妊娠中も
乳腺が発達し胸が大きくなる人がいます。

胸が大きくなるだけなら良いのですが
胸の発育とともに硬くなってしまったことで
実はある不調を引き起こす可能性が出てくるのです。

今回は37週、29歳の妊婦さんです。

妊婦さん友達とご来店。

もう、出産間近ということで
むくみが辛いとおっしゃっていましたが
足のむくみよりも私はある部分に目が行ったのです。

そのある部分とは「胸」です。

胸の張りがデコルテ、脇周辺を
まるで鎧をつけたみたいに硬く張っているのです。

妊娠中に胸が張る人は多いのですが、
ここまで周辺が硬くなっている人を
私自身見たことがありません。

「胸のトリートメント痛くないですか?」

と聞くと、

「全然痛くないです」

と言われたので、植物オイルをなじませ
長い時間、胸の施術を念入りに行いました。

胸の張りももちろんですが
私にはもう一つ、気になることがありました。

それは、脇の色素沈着。

この脇の色素沈着もひどく
今まで妊婦さんでこんなに黒い人は
見たことがないくらい黒ずんでいました。

さて、これらの気になる胸周辺の症状。

いったい、これからこの妊婦さんのお体に
どんな不調が訪れるのでしょうか。

それは、出産後の胸の炎症

つまり、乳腺炎になる可能性
他の人よりも高いということです。

妊娠中に胸が張ることは多いのですが
この妊婦さんは発達が早いのにもかかわらず
胸が硬いだけで大きさはさほど大きく
なっていませんでした。

妊娠前に胸の発育が大きい人は
胸の張りよりも皮膚のトラブル。

妊娠線が胸に多く出ることが
多いのですが、この妊婦さんは
妊娠線は出来ず、胸が硬いのです。

乳腺の発育が良いだけで
胸の成長には響いていない
ということになります。

乳腺の発育から胸の成長に
繋がることが多いのに、
普通ではないほど胸全体が硬く
脂肪組織が硬い状態のため
乳腺の循環が悪い可能性が考えられるのです。

しかも、脇の下の色素沈着。

通常、脇の下の色素沈着は
妊娠中にホルモンバランスが変化すること
で起きるメラニン色素の発生
原因ですが、この妊婦さんは
妊娠前からだんだん黒くなってきた
とおっしゃっていました。

 

実は、この妊婦さんの妊娠前の
月経周期ですが、かなり不順だったようで
生理がいつ来るかわからない状態だったようです。

このことから、メラノサイト
妊娠前から異常に発生していた可能性があります。

 

メラノサイトが異常に発生する
原因は卵胞ホルモンと黄体ホルモン
の分泌バランスの乱れが原因。

妊娠前もホルモンバランスが悪い
状況だったことが言えます。

つまり、この妊婦さんは
乳腺の発達が妊娠中から
速度が早いということがわかります。

その上、胸が妊娠中から

ホルモンバランスの乱れが原因で生理前に
乳腺症を担っていた可能性があるのです。

だから、脂肪組織が胸周辺に
生理前になると出来ていて
妊娠した時に乳腺の発達についていけず
胸の張りが起きていたということなのです。

妊娠中からこの胸の張りは
出産後の胸の張りをより
強くする可能性大です。

では、どのようなケアをすると良いのでしょうか。

植物オイルを塗って胸周辺の
細胞を柔らかくすることです。

植物オイルは皮膚の脂肪組織を
柔らかくする働きがあります。

私は妊婦さんにとにかく
植物オイルを塗ることを
お勧めしました。

「今、胸を触っていただけますか?」

といって、触ってもらうと

「すごい!柔らかい!!」

と、感動してくださいました。

「とにかく、胸に植物オイルを
塗りましょう。皮膚に浸透し
胸の張りを和らげてくれますよ」

出産まであと2週間くらい。

胸の張りに気づくことができ
今から乳腺炎を予防することが
できることに感謝してくれました。

もし、そこに精油をブレンドするなら
うっ滞除去作用のあるユーカリ・ラジアタ
血流を促すレモン、などの精油がお勧めです。

辛い胸の張りを柔らかくしてくれますよ⭐︎

ぜひ、活用してくださいね!

 

lp_form_img

関連記事

ページ上部へ戻る