妊婦さんは歩きすぎることでよりむくむ

マタニティアロマ

【もう歩けないくらい足がパンパン!
歩きすぎは、もっと足がむくむ原因になる!】

ここ最近、臨月の妊婦さんに、お医者様って
歩きなさいっていいますよね?

確かに歩くことで出産を促すから
歩いたほうがいいのですが
歩きすぎはもちろんダメなんです。

37週の妊婦さんの事例です。

 

マタニティアロマキャンペーン中
詳細・お申し込みはこちら

 

細めの妊婦さん。
お体を見てもむくみそうな感じではないのに
足がパンパンにむくんでご来店。

th (3)

 

 

 

 

 

「もう、歩けないくらい足がパンパンなんです!」
見た感じも確かに歩くのが辛そう。

いますぐにでも解消してほしいと
マタニティアロマ120分で
じっくり流していきました。

「むくみだしたのはいつからですか?」

私が問いかけると

「実は、お医者さんに歩きなさいって
言われてからむくみだしたんです」

とおっしゃいました。

 

やっぱり・・・。

「もしかして、かなり歩いていませんか?
一日何分くらい歩いていますか?」

そう聞くと

「実は朝晩2時間くらい歩いています」

2時間!

これは歩きすぎです。

妊婦さんは極度のリンパ障害。

歩くことで発生する疲労物質を
うまく代謝できない体。

そんな妊婦さんが普通の人でも
歩いたら足がだるくなるのに2時間も
歩いていたらむくむのは当たり前です。

「2時間は歩きすぎですよ。

朝晩歩くなら30分以内にしてくださいね」

そうお伝えし

「よく考えてくださいね。
2時間歩いてもし陣痛が来たら
その痛みに耐えられると思いますか?」

そうきくと

「無理無理!疲れていっつも
お布団で寝てしまいます!」

 

「陣痛は強い痛みが伴うことはもちろん
ですが体力もいるんです。2時間歩いた体が
耐えられるとは思えませんし体が疲れている
陣痛は弱くなる一方なのです。

今は動くときと休む時両方いる時期。
赤ちゃんは焦らなくても
出てきたい時に出てきますよ♪

待っててあげてくださいね」

th (2)

 

 

 

 

 

 

 

そうお伝えすると次の日から
歩くのを30分くらいにしたそうです。

そして、翌週、来店した時には
むくみは感じられないくらい
足がほっそりしていました。

 

マタニティアロマキャンペーン中

詳細・お申し込みはこちら

 

 

マタニティアロマセラピストは
妊婦さんへのお声掛けも重要
感じています。

お医者様ではない立場だからこそ
寄り添い優しくアドバイスできる
こともあるのです。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 理想のサロンを思い描け、やることがわかる!
「開業前に失敗しないために知っておきたい3つのポイント


IMG_0028

テキストは下記にメールアドレス・名前を入力するとダウンロードできます

PDFダウンロード

メールアドレス ※必須
名前(姓)

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る