まるでゾウのような足を1回で解消したアロマトリートメント

妊婦さんのむくみは夏のほうが重症化する?
サイズの変わってしまった足を一瞬で緩和する方法

 

夏、暑い季節がやってきましたね!

サロンにとって一番忙しい時期。

そして、妊婦さんの足との戦いの時期(笑)

 

そう、夏は冷房を積極的にかけ

体を冷やす妊婦さんが急激に増え

足が、ゾウのようになって

来店する妊婦さんが多いのです。

 

そんな暑い夏がやってきました(笑)

 

今回の臨床例は36週の妊婦さん。

 

2日前にご予約をいただいたのですが

スタッフの都合がつかず、お日にちを

変更してもらったのですが、それでも

新しいスタッフができない日だったため

私、大島が施術させていただきました。

 

サロンに入ってきた瞬間

私が

「ご都合つかずに申し訳ありませんでした」

というと、妊婦さんは

「いいえ!きっと、今日大島さんに

お会いする運命だったんだと思います」

と、おっしゃられたので

どういうことだろう

思って足を見た瞬間

「あー、こういうことか」

と一瞬でその意味が分かりました(笑)

 

見た瞬間にわかるくらい素足が

ゾウのようになっていたのです。

サイズが変わり、

まるで靴を履いているような足。

th (4)

 

 

 

 

 

二人で苦笑いして

「これは私(大島)でないと無理でしたね」

とお会いできたことをよかったと二人で

話しました。

 

さて、でも、かなりむくんでいるんです。

 

このお客様は

40分の足のみのトリートメント希望。

 

40分で解消できるかなあと、

少し不安になりながらも

「やるしかない!」

と、気合を入れてトリートメントしました。

th (3)

 

 

 

 

 

足のむくみは、

太もも、ふくらはぎ、足の甲と

順番に下がっていきひどくなっていきます。

 

この妊婦さんは、足の甲と裏まで膨らみ

老廃物がとどこおっている状態。

 

行き場がなく解消できない老廃物が

足の甲にたまっているイメージです。

 

その場合は、通常、時間をかけてつぶす

という手技になります。

 

でも、40分それのみをしても足全体軽くはできない。

私は、太ももから老廃物を流れやすく土壌を作り

ふくらはぎ、足の甲のむくみを上へ上へと

流していきます。

 

妊婦さんは、

基本的には

長いストロークの施術はしてはいけません

 

そのため、ゆらす、ジグザグの施術をし、

一過性に血液が上に上がらないように施術します。

 

長いストロークをすると血圧が上がりやすくなったり

臨月の妊婦さんだと破水する可能性も出てくるからです。

 

40分で私は、なんと、

見事にゾウのような足を一瞬で通常に近い脚へ

と激変させることができました(笑)

ninpu_genki

 

 

 

 

 

 

施術が終わった妊婦さんは自分の足を見て

「主人に言われていたんです。

その足はもう二度と元には戻らないの?って。

信じられない!元に戻った!」

と、感動の嵐でした。

 

ここで、私のアドバイス

「今36週で私が一気に流して解消できましたが

出産までむくみはひどくなる一方だと思います。

食事は、あずき、大根、冬瓜などの

カリウムの豊富な食品を積極的に食べて

加工品は控えてくださいね。

そして、むくみを我慢せず、

うちのサロンは出産直前まで大丈夫ですから

辛くなったら来てくださいね」

と、アドバイスしました。

 

足のむくみはほおっておくと

出産にも大きく影響を与えます。

むくみは足だけではないのです。

 

足がむくんでいるということは

体全体がむくんでいるということ。

 

産道もむくんでいるのです!

 

産道むくんでいたら?

 

赤ちゃんの通り道が狭くなってしまいます!

 

むくみはアロマトリートメントはかなり有用です!

 

そんなときのアロマセラピストですから、

我慢しないで、助けを求めてくださいね♪

 理想のサロンを思い描け、やることがわかる!
「開業前に失敗しないために知っておきたい3つのポイント


IMG_0028

テキストは下記にメールアドレス・名前を入力するとダウンロードできます

PDFダウンロード

メールアドレス ※必須
名前(姓)

関連記事

ページ上部へ戻る